弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

弔電の依頼は業者比較後に行いましょう

弔電を承っている業者はたくさんあります。インターネットで検索をかければ複数の業者の公式サイトがアップされているのが確認できます。しかもインターネット上から申し込みができるため、全国どちらにお住まいの方でも同じ業者企業による同じサービスが利用できます。

厳粛な場に贈るメッセージですから、良質な業者に仕事を依頼したいところです。そのための選考材料になるものが、比較ランキングのサイトになります。こちらでは実際に仕事を依頼したユーザーの方の感想コメントなども読むことができます。

サービスレベル、丁寧さや料金設定などでパフォーマンスの良い業者企業はランキングで上位に上がっていますんで、安心してご選択いただき、ご利用いただけます。また業者の連絡先も記載されていますので、そのまま申込みに進むことも容易に可能です。

ほっと電報

総合評価
★★★★★
サービス内容
★★★★★
使いやすさ
★★★★★
満足度
★★★★★
掲載情報量
★★★★
公式サイトはコチラ

北海道に住む叔父が亡くなったのですが、どうしても都合がつかず葬儀に参列出来ませんでした。せめて弔電を送ろうと思ったのですが、どこに依頼して良いのか分かりませんでした。限られた時間の中で焦っていると、ほっと電報のことを知りました。

ほっと電報のありがたい点は、スマートフォンからも申し込みが出来ることです。定型文はもちろんですが、様々や弔文に対応してくれることも魅力です。遠方であってもスピーディーに送ってくれるのでありがたいです。

後で知ったのですが、電報の世界においては評判が良い会社のようです。冠婚葬祭においては、最も切羽詰まった状況になるのが葬儀です。いざと言う時に慌てないように、口コミ検索をしておくことが大切だと痛感しました。

エクスメール

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★★
掲載情報量
★★★★★
公式サイトはコチラ

祝電や弔電のご依頼は、エクスメールがお勧めです。口コミサイトでも評判が上々の業者で、電話やインターネットが普及している現代においても多くの方に支持されている通信手段です。国内以外でも、海外の120カ国へもメッセージをお届することも可能です。

またメッセージのデザイン、カードの種類もさまざまなものがご用意されています。くまもんデザインも根強い人気で、老若男女問わず多くの層の方に支持されています。豊富な種類、デザインや形状の中からお好みに応じて選べます。

エクスメールでは公式サイトをインターネットにアップしています。申込手順や料金設定、デザインの種類などもそのサイトからご確認いただけますので、まずはサイトをご閲覧ください。ご不明な点は遠慮なくスタッフにお問い合わせいただいて構いません。

For-denpo

総合評価
★★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★★
公式サイトはコチラ

For-denpoは祝電やお悔やみなどに適した電報を販売されてます。カテゴリーに分けられてるので、サイトを利用しやすくなってます。例文集も記載されてるので、必要な方はご利用してもらいたいです。どんな場面で利用するかで選ぶことも出来ます。

このショップでは、お洒落なものからカジュアルなものまで、他社にはない商品を販売してるので、ショップの評判も良く口コミで広まって、初めての方が多く利用されてます。品揃えも豊富なので、電報をお探しの時にはご活用されるといいですね。

ちょっと変わった電報で贈られると、いただいた方は一段と喜びを感じられます。オリジナルの商品も色々取り扱ってます。文字数は限定されますが、自分の気持ちをメッセージとして贈ることが出来ます。期日までに届けてくれるので、きちんと確認されることです。

電報.NET

総合評価
★★★
サービス内容
★★★
使いやすさ
★★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★
公式サイトはコチラ

電報は昔からある、お手紙です。感謝のきもちや、お悔やみの気持ちを紙に乗せて届ける手段です。それがいち早く届くというのが利点です。最近ではネットからの申し込み簡単に出来るようになったので、利用する側も便利になっています。

その中で、電報.NETは、種類も多いです。イベントが終わった後にちょっと記念品として残しておけるものも用意されているので、その時だけ必要というのではないのが口コミでも評判です。形になって残るのが受けています。

他のサイトとは違った商品がラインナップされていて、価格も安いので使いやすいというのが理由です。利用するときに少し手続きが面倒ということになると、なかなか申し込むのはできないです。そこが簡単になっているのが魅力です。

ハート電報

総合評価
★★★
サービス内容
★★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★
公式サイトはコチラ

ハート電報の電報が口コミで評判を呼んでいます。選べるフラワー電報や、ぬいぐるみ電報が選択肢が多く、どれも素敵で迷ってしまう程だと評判が高いです。特にぬいぐるみは、日本の女性に圧倒的人気のキャラクターを幾つも使用しています。

オランダ生まれの世界的に人気のうさちゃんキャラに、日本の昔ながらのラッキーアイテムとして、お祝いの席に欠かせない福だるまとをコラボさせた福福セットなどは、転がる程に福を運んでくれそうで、何度もコロコロ撫でたくなってしまうほどの可愛さです。小さな鈴も付いていて、なる度に幸せが舞い込んできそうです。とってもかわいいし、人気も高い商品です。

ツンデレキャラとでも言いましょうか、無愛想ながらも独特の存在感を醸し出していて人気があるのが、中身は中年のおじさんとして、映画で主人公としても活躍したベージュのくまちゃんのぬいぐるみです。こちらもヒールな雰囲気が人気で、大人女子なんかに贈ると喜ばれるでしょう。

VERYCARD

総合評価
★★★
サービス内容
★★★
使いやすさ
★★★
満足度
★★★★
掲載情報量
★★★★
公式サイトはコチラ

VERYCARDとは、パソコンからインターネットで簡単に申し込める電報サービスです。全国一律1,382円(税込)で、メッセージは350文字までとなっており、受け取られる方に心のこもった言葉をきちんと届けることが出来ます。

実際に利用した方の口コミによると、便利であることと、お値段以上の商品があるとの評判です。時間もかからず、自分のイメージ通りの電報を贈ることが出来たという声も上がっています。評判が良く、今後も利用したいとの口コミもあります。

贈る側にも、贈られる側にも嬉しい、VERYCARDの電報サービスは、100種類以上の商品と700種類の文例が用意されています。14時までに申し込めば、全国即日に届けられます。電話での申し込みは受け付けていません。インターネット申し込みとなります。また、お支払いはクレジットカードのみとなります。

電報、祝電、弔電なら電報サービス【VERY CARD】

マナーに気を付けて、心が伝わる弔電を送りましょう

訃報を受けた際、お通夜や葬儀への列席が諸事情の問題で叶わない場合には、故人へのお悔やみの心や遺族への労りの気持ちを弔電で送りましょう。
現在では弔電などの電報を取り扱う会社が増え、様々なサービス会社の中から自分に合ったものを選ぶことが可能になりました。料金は年代によって違いがありますが、3000円~5000円程度の商品がよく選ばれています。
弔電は、葬儀を執り行う場所に宛てて送ります。自宅の場合は自宅宛てになり、斎場の場合は斎場宛てになります。斎場に送る際には、複数の葬儀が執り行われている場合がありますので、宛名には喪主のフルネームを必ず書きましょう。もし喪主の名前が分からない場合には、故人のフルネーム様ご遺族様とします。
差出人は、遺族の方に分かりやすいように、氏名の他にも横に故人との関係を記載するとよいでしょう。


弔電のマナーや注意すべきポイント

現在日本では連絡をとる手段は豊富にあり、すぐにでも連絡することができる時代となりました。しかしそんな今の時代でも電報を利用するタイミングはあります。
その一つが葬式の際の弔電です。葬式は急遽執り行われるものであり、参列したくてもできないこともありますが、その際に気持ちを伝える方法として適しており、より改まった気持ちを伝えることができます。
しかしその際にはただ送れば良いというものではなく、マナーには注意しておかなくてはなりません。送るタイミングや使うべきではない言葉など、様々な注意点があります。
電報を送る際には業者を利用することになりますが、業者によって申し込みの方法や受付時間にも違いがあるので複数を比較して、信頼できる業者を選ぶようにしておくことが弔電で失礼にあたらないためには必要不可欠となります。


弔電を送るタイミングと注意すべき点

葬儀に参列できない時に送るものが弔電であり、メールや電話よりも気持ちが伝わりやすく改まったシーンとなる葬儀の際には欠かせない存在とも言えます。
しかし弔電を送る機会はそう頻繁にあることではないので、いざ送るとなればマナーがわからないという人が多いのではないでしょうか。
まず第一に注意しておかなくてはならないのが、本文の内容ですが例文が準備されていることが多いのでそれほど頭を悩ませる必要はありません。弔電は通夜や告別式に参列できない場合に送るものとなっているので、間に合うように送る必要があります。
遅くても告別式が始まる一時間前には届くようにしておかないと、遺族にも迷惑をかけてしまうことになりかねないので、送る際には到着するタイミングには注意して手配しておき、スムーズに到着するようにしておきましょう。

カテゴリー