弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム

弔電はお悔やみの気持ちを言葉にして
企業関係の方や、親戚に親しい人など、自分と親しい関係や関連の方たちと故人と付き合いがあれば、弔電をお悔やみの言葉として送ります。
特に葬儀の際には、病気や遠方ということから参列できない場合な……

自分の言葉をきちんと伝えたい弔電
突然の訃報を聞いてその時にすぐに弔問に行くことができない場合もあるかもしれません。
そして、お通夜や告別式の日程が決まっても、どうしても都合かつかないということもあるでしょう。
直……

弔電を送る際に知っておきたいこと
 お通夜やお葬儀に参列できない際、喪主や親戚に弔電を打つという習慣があります。送り方としてはまず告別式に間に合うように手配しましょう。電話で送る場合、受け付けてもらえる時間は8時から22時です。今日で……

通夜や葬式に出席できない場合には弔電を送る
 お世話になった人が亡くなった場合には通夜や総理に出席して最後のお別れをするのがベストな選択ですが、どうしても外せない用事があって行けないことがよくあります。その場合には喪主や親戚に対して哀悼の意を表……

弔電を送る際に注意すべき幾つかのこと
弔電は、訃報に接した際、さまざまな事情で通夜や葬式に参列できない時に、喪主・遺族に対して弔意を表す電報を送ることです。葬式・告別式の弔電披露に間に合うように手配します。NTTでは午前8時から午後10時……

弔電の文中で重ね言葉は使わない
 海外に出張中や入院中などで遠方にいるため、どうしても葬儀や告別式に参列できない場合はとりあえず弔電を打ち、後日都合を伺って焼香に出向くようにします。
電話局に弔電であることを伝えれば、相応……

弔電を送る時に気を付けるべきこと
 お葬式に参列できない場合、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送ります。
宛先や差出人名はどうするべきかなど送る時のマナーをしっておくことはとても大切です。
葬式に参列できない代……

弔電を出すときはそれなりの礼儀を必要とする
 弔電は親しい人がお亡くなりになった際に自分は葬儀に参列したいけど、事情でそれができない場合に代替の手段の1つとして使うやり方の1つとなります。  それは哀悼の意を示すための手段であり、故人のことを……

弔電を送るのはどんなタイミングが良いか
 弔電は、一般的には個人葬の場合、通夜、告別式が行われるシーンに開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが基本です。遅くとも告別式開始の1時間前までには届くように手配するようにしましょう。  ……

弔電はマナーを守って送る事が大切
 弔電とは、いわゆる電報の事です。結婚式のお祝いやお葬式などの弔事用で使われることが多いのですが、きちんとしたマナーを守って送らないと、相手に失礼にあたりますので、気を付けなくてはいけません。  で……

1

カテゴリー