弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電の文中で重ね言葉は使わない

弔電の文中で重ね言葉は使わない

 海外に出張中や入院中などで遠方にいるため、どうしても葬儀や告別式に参列できない場合はとりあえず弔電を打ち、後日都合を伺って焼香に出向くようにします。
電話局に弔電であることを伝えれば、相応しい台紙や用紙を選べます。
また最近ではインターネットを利用する人も増えています。
弔電を打つ時期は通夜や葬儀の前日までには届くようにします。
 文中では、重ね言葉を用いないのがマナーです。
不幸が重ねることに通じる、かえすがえ、またまた、重ね重ね、いよいよ等の重ね言葉は避けます。
同様に重ねる、続ける、再び等も使わないように注意が必要です。
これらの言葉は弔辞などでも避けるように気をつけましょう。
仏式では浮かばれないや迷う、キリスト教では、成仏、あの世、供養、冥途など宗教によっても使われない言葉があるので注意しましょう。



 弔問に行くことができない時には利用したい弔電

知り合いなどが亡くなったことを知っても、弔問に行けない場合もあるかもしれません。
そんなときに、できるだけ早くお悔やみの気持ちを伝えるためには弔電を利用することがいちばん早くできることかもしれません。
インターネットであれば24時間申し込みができるので、時間を気にせずに申し込むことができます。
送り先は自宅でも葬儀を行う斎場などがわかっていればその場所でも、どちらでも差し支えありません。
もちろん電話でも申し込みができます。
気持ちを伝える文言に悩む場合は、電話であれば直接聞くこともできましし、インターネットなら文例も掲載されているので参考になるでしょう。
文例を参考にする場合でも、自分の気持ちを伝えるメッセージをひとこと添えると良いでしょう。
押し花や刺繍、また最近はお線香など弔電用の特別用紙も台紙として販売されています。
料金は台紙の料金にメッセージの字数に応じた金額が加えられます。



 弔電を送るときに知っていると役立つこと

大切な人の訃報が届いたけれど、遠方に住んでいるため葬儀に参列できないときは弔電を送りましょう。
お悔やみの気持ちをしっかり伝えることができますし、最短で当日に届けることも可能なので、訃報が届いたら出来るだけ早めに手配するとよいでしょう。
また、弔電にもたくさんの台紙が用意されていますので、故人への気持ちを込めて選ぶことができます。
手書き風のメッセージで送ることもできますので、目上の方や取引先の方に送るときは頭に入れておくとよいでしょう。
最近は、オプションでお線香を添えて電報を送ることもできるようです。
お線香を添えることで、弔慰の気持ちをよりしっかりと伝えることができますので、知っていると弔電を送るときに役立ちます。
もちろん、インターネットで簡単に申し込むことができますので、面倒な手間は一切かかりません。
初めて電報を送る人でも気軽に利用できますので、安心して申し込んでみましょう。

次の記事へ

カテゴリー