弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電はお悔やみの気持ちを言葉にして

弔電はお悔やみの気持ちを言葉にして

企業関係の方や、親戚に親しい人など、自分と親しい関係や関連の方たちと故人と付き合いがあれば、弔電をお悔やみの言葉として送ります。
特に葬儀の際には、病気や遠方ということから参列できない場合などは弔電を用いります。
言葉でお悔やみの言葉を述べるとともに、故人の冥福を祈りたいからです。
また、今はカードもギフトタイプのものとなり、悲しみの気持ちを込めた計らいのものとなっています。
お悔やみの言葉とともに、せめてお花をご霊前にと考えている方はブリザードフラワーを送る人もいます。
今は電報とともに、贈り物をすることができるタイプのものがありますから、気持ちを込めて遺族に送ることができます。
また、インターネットで簡単に申し込みができますし、弔電であれば早急の対応をしてくれます。
葬儀に参列できない場合も、お悔やみの電報を送っりご冥福をお祈りすることができます。



弔電を贈る際のビジネスマナーとは

会社では取引先からの訃報を受け取ることも珍しいことではなく、その際には必ず参列しなくてはならないというわけではなく参列するかどうかをよく考えて決めなくてはなりません。
考えた結果参列しないという決断になった場合でも、それで終わりというわけではありません。
参列しない場合には弔電を贈るのがビジネスマナーとなっています。
まず第一に頭に置いておかなくてはならないのが、できる限り早く届けるという点ではないでしょうか。
先方の取引先は自分の会社のみではないことは明らかであり、その際に他の会社よりも早く届いた方が好印象というのは当然のことではないでしょうか。
それ以外にも、早く届けておかないと読み上げる順番が決められないなど、予期せぬところで迷惑をかけてしまうこともあります。
通夜が始まる前までには届くようにしましょう。



弔電を取引先に贈る際の宛名やマナー

身近な人に不幸があり訃報を受け取った際には、葬儀に参列することになりますがビジネス関係で訃報を受け取った際には、必ずしも参列するべきとは限りません。
参列しないという選択肢をした際には、弔電を贈ることが基本的なマナーとなっています。
弔電は、喪主宛に送るのが原則となっているのは、ビジネスシーンでも同じことなので喪主の名前はしっかり聞いておくようにしましょう。
届け先は会社にするのが一般的です。
しかし葬儀場や取引先の人の自宅に届けることもあるのではないでしょうか。
会場にに届ける場合には、違う会場に間違えて届けてしま雨ことがないように、最後にもきちんと確認しておきましょう。
マナーとして、訃報を受け取ったら少しでも早い段階で贈るようにすることがビジネスマナーの一つとして忘れてはいけないポイントとなります。

次の記事へ

カテゴリー