弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を出すときはそれなりの礼儀を必要とする

弔電を出すときはそれなりの礼儀を必要とする

 弔電は親しい人がお亡くなりになった際に自分は葬儀に参列したいけど、事情でそれができない場合に代替の手段の1つとして使うやり方の1つとなります。
 それは哀悼の意を示すための手段であり、故人のことを忘れてはいないことを示すための意思表示ともなります。
 さてこれを送る際に気を付けるべきことは、失礼のないようにすることとなります。それはすなわち相手の感情を害さないようにするためのマナーとなります。
 その相手の感情を害さないようにするための具体的な行動としては、1つは文章をいかに工夫するかにかかっているとも言えます。


 まずはその文自体が非常に長すぎないように気を付けることです。というのは故人と生前に親しくしていると、在りし日の記憶が蘇るがために、その時の記憶を詳細に長々と書きたくなってくる場合があります。
 しかしこの文を読むのは故人のご遺族であって死んだ本人ではありません。葬儀の場はご遺族たちは悲しみと同時にあわただしい時間を過ごしています。
 そんな最中に非常に長すぎる文を出されても、長すぎてクドイの一言で終わってしまいます。次に気を付けるべきことは当事者間だけしか把握できないような内容を書かないということです。
 当事者間だけしか解らないような内容を書かれても、読んでるご遺族たちには何の事だか理解ができません。それは文を書いた発送者の単なる自己満足であり、哀悼の意を示す行為とかけ離れた内容になってしまいます。
 もちろんさらにやってはならない行為として、故人の名誉を損なう過去の恥ずかしい行動や言動をあげつらってはならないことです。
 例えば過去の男女関係の話とか、金銭問題とか人間関係の話は暴露行為であり、ご遺族たちを怒らせる内容だからです。


 次はその文を作る際に忌み言葉という表現を使わないことです。忌み言葉というのは同じ単語を連続して使わないようにすることです。
 例えば「たびたび」とかなどが該当したりします。それと同時に日本の仏教の世界では四は死を、九は苦を連想させるからダメだとしています。そのためこれらに気を付けて文を作らねばなりません。
 またお遺族たちに対する励ましに関連して、過剰に悲しみに同意したり、深追いをするアドバイスなどは不要であるということです。
 過剰に悲しみに同意したところで、ご遺族たちの悲しみが本当に解決するのは時間の経過しかないからです。アドバイスにしてもすべての人にそれが通用するとは限らないからです。
 要はこの弔電は単なるありきたりの定型文で充分だということです。この定型文は実にわかりきった内容で面白みはまったくありませんが、相手の感情を害する可能性がほとんどないからです。

次の記事へ

カテゴリー