弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送るのはどんなタイミングが良いか

弔電を送るのはどんなタイミングが良いか

 弔電は、一般的には個人葬の場合、通夜、告別式が行われるシーンに開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが基本です。遅くとも告別式開始の1時間前までには届くように手配するようにしましょう。
 もし、万一手配が遅れ告別式開始までに間に合わない場合は、そのまま送るのではなく、喪家またはご遺族の方に電話で参列できない旨を伝え、後日改めて故人宅に弔問に伺い、直接お悔やみの気持ちを伝えるのがよいでしょう。


 送る際に気をつけたいのが、差出人に関してです。受け取る側にとって、それがどんな関係の誰から届いた電報かを判別できるのは大切なことです。
 メッセージと同時に肩書を記入することも遺族に対してわかりやすく親切です。例えば学校の恩師に送るといった場合には、何期生の生徒か明示することで遺族もわかりやすくなります。
 基本的には喪主宛に送り、喪主から見た敬称を使用するのが一般的とされていますが、送り主が喪主ではなくて他の遺族と知り合いの場合、その知り合いの遺族宛でもかまいません。
 本来の目的としては、直接会ってお悔やみを述べたいところですが電報で失礼します。ということで送るのですから、宛先はお悔やみを述べたい相手でも構いません。
 しかし、建前上で心配になるようでしたら、(喪主名)様方(知り合い名)様宛や(故人名)様ご遺族様宛で送ると差しさわりがありません。
 親友を励ましの意味を込めて送る場合もあり、その場合には友達宛でも問題はありません。社葬のような企業、団体が主催する葬儀の場合は、部署、葬儀責任者、主催者(個人またはグループ)宛といった場合もあります。
 その際、主催者側から、弔電の受付に関して、会場宛や指定場所の記載があることもあるので、気をつけて送るようにしましょう。


 電報の中では、故人の氏名を書くよりも、故人との続柄を以下のように敬称で表わすのが一般的です。
 例えば、ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔みを申し上げますといったように通常の呼び方ではなく、敬称を用います。 送る際には忌み言葉は慎みましょう。
 葬式や葬儀では、不吉な意味を連想させる言葉のことを忌み言葉と呼びます。これを使用しないのがマナーです。
 電報だけでなく弔辞やお悔やみの挨拶文でも同様です。死や不幸がくり返されることのないように、縁起を重んじます。
 失礼のないようにするには例文を参考にしましょう。定型文がたくさん用意されていますのでそれに従い準備すれば失敗もありません。

次の記事へ

カテゴリー