弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送る時に気を付けるべきこと

弔電を送る時に気を付けるべきこと

 お葬式に参列できない場合、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送ります。
宛先や差出人名はどうするべきかなど送る時のマナーをしっておくことはとても大切です。
葬式に参列できない代わりとして送るので、通夜や告別式に間に合うよう、遅くとも告別式開始の1時間前までには届くように手配するようにしましょう。
手配が遅れ弔電が告別式開始までに間に合わない場合は、そのまま弔電を送るのではなく、喪家またはご遺族の方に電話で参列できない旨を伝え、後日改めて故人宅に弔問に伺い、直接お悔やみの気持ちを伝えるのがよいでしょう。
電話で伝える際は「本来ならば葬儀に参列して、ご霊前にご挨拶を申し上げたいところでございますが、諸事情により葬儀に参列する事が出来ないため、後日また改めて弔問に伺わせていただきます。
」と手短に伝えるようにし、すぐに失礼するようにしましょう。



 葬儀・告別式と弔電のタイミングに関して

友人や知人が亡くなることで、葬儀・告別式に参列をした経験のある方も多いのではないでしょうか。
しかし、どうしても外せない仕事が入ってしまうことがあります。
そんな時に活用したいのが、弔電ではないでしょうか。
お悔やみの気持ちを表すのに適していますし、受け取る側も感謝の気持ちでいっぱいになります。
参列出来ない場合は、弔電だけでも送っておくことが理想ではないでしょうか。
文面を自分で考えることも出来ますし、あらかじめ用意されている文面を使うと便利です。
文字数によっても料金が異なりますが、弔意を表す方法としてはベストではないでしょうか。
送るタイミングに関しては、葬儀・告別式が始まるまでには届くようにして下さい。
連名で送っても構いませんし、何よりも心が込もっていることが一番ではないでしょうか。
後で見返すと涙が出るはずです。



 弔電の事を知りたい方へお教えします

弔電の事を知りたい方へお教えします。
訃報を聞き、弔問にすぐに行けない場合、代理の方にお願いをしたり、お悔みの手紙を書いたりする方法がありますが、その方法のひとつが弔電です。
また、葬儀に出席出来ない場合もこの方法を利用します。
基本的に、通夜に間に合うように送るのがマナーです。
遅くても葬儀が始まるまでには送るようにしましょう。
宛名は喪主のフルネームで送ります。
それから送り主もフルネームで送る事です。
それから、送り方をお教えします。
電話で申し込みをする場合、局番なしの115へダイヤルします。
受付は午前8時から午後10時まで年中無休で受付をしてくれます。
インターネットでも24時間受付をしているので、急な場合も安心です。
台紙もシンプルなものから刺繍の付いたものまであります。
2000円前後のものを送るのが一般的です。

次の記事へ

カテゴリー