弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送る際に注意すべき幾つかのこと

弔電を送る際に注意すべき幾つかのこと

弔電は、訃報に接した際、さまざまな事情で通夜や葬式に参列できない時に、喪主・遺族に対して弔意を表す電報を送ることです。葬式・告別式の弔電披露に間に合うように手配します。NTTでは午前8時から午後10時まで取り扱っていますので、そちらに電話をかけて申し込みます。台紙は無地の他に絵柄入りや押し花つきなどさまざまなデザインのものが用意されています。文案も定型のものが幾つもありますので、文面に困るような場合には活用できます。また、「返す返す」「繰り返す」などの忌み言葉を用いることのないように注意しましょう。それから、インターネットでは、NTTのサイトは24時間取り扱っていますので、電話ではなくそちらを利用することもできます。
宛名は喪主の氏名ですが、名前が分からない場合には、故人の氏名に続いて「ご遺族様」と記します。
故人や遺族との関係が深い場合には、弔電を送った後にお悔やみの手紙を出すようにします。


弔電を送る前に確認するべきこと

弔電を送るのは、入院・療養中、高齢、妊娠中、遠方に暮らしているなどの種々の事情で、葬儀に参列することができない場合です。
弔問に行ける場合には弔電は必要ありません。現在、多くの会社が電報サービスを行なっていますので、どの会社に申し込むかという選択の幅は広くなっています。通夜か葬式に確実に間に合うように送ります。
弔電を申込む前には、申込みに必要な確認をしっかりとしておく必要があります。現在、葬式を自宅で執り行なうことは、特に都市部では非常に少なく、式が行なわれる会場の住所と開始時間をきちんと確かめます。宛名は喪主にしますが、喪主の名前が不明な場合には、故人の名前につづいて「ご遺族様」と付加します。
差出人の名前はフルネームで、仕事関係の場合は会社名も記します。そして、うっかり「重ね重ね」などの忌み言葉を用いることのないように注意しましょう。


弔電は局番なしの115へ申し込む

訃報を受けた時、遠方にいるためお葬式に参列できない場合は、弔電を打って後日都合を伺い、焼香に出向くようにします。
局番なしの115にダイヤルするのが一般的です。受付時間は午前八時から午後十時までです。弔電用の台紙も用意されており、押し花や刺繍の台紙もあります。弔電は故人の冥福を祈り、遺族へのお悔やみの気持ちを伝える電報です。告別式で紹介されることもありますので忌み言葉を使わないように気をつけ、分かりやすい言葉にします。不幸が続くことを連想させる言葉(重ね重ね、度々、またまた等)や、悪いことを連想させる言葉(とんだこと、とんでもないこと等)、直接生死を表す言葉などは避けるようにします。
宛名は喪主にしますが、喪主が分からない場合は「故○○様ご遺族様」とします。差出人は、電文中にフルネームで入れます。

次の記事へ

カテゴリー