弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送る際に知っておきたいこと

弔電を送る際に知っておきたいこと

 お通夜やお葬儀に参列できない際、喪主や親戚に弔電を打つという習慣があります。送り方としてはまず告別式に間に合うように手配しましょう。電話で送る場合、受け付けてもらえる時間は8時から22時です。今日ではネットのサイトから送ることもできます。その場合は24時間受け付けてもらえます。そして、送り先の住所についてなんですが、これは自宅でお通夜やお葬式が行われないことも多いですから注意してください。お通夜やお葬式が行われる斎場、式場宛に送る場合、その名前と住所を確認しましょう。
 つぎに、送る文章に関してはあらかじめ文章を考えておきましょう。文例を参考にしても良いでしょう。具体的にはご逝去の報に接してお悔やみ申し上げますなどになります。料金については文字数また台紙の種類によって違ってきます。1.000円~3.000円になります。


 弔電の申込みは早めに行うのが最適です

 亡くなった故人の葬儀に出席できない場合、弔電を送って自分の気持ちを伝える方法があります。最近はインターネット上から申込みが可能になり非常に便利になりました。各葬儀会社のホームページ上に弔電の申込フォームがありますので、例文を参考にしながら文章を考えて申込みを行ってください。
 弔電の種類も非常に豊富で好きなタイプを選ぶことができますので、送る故人に合っているものを選択することをオススメします。他にも供物や供花の注文も受け付けていますので、ホームページ上の見本を参考にしながら選ぶのがベストです。葬儀当日に間に合わせるためには最低でも前日までに注文するのが望ましいので、日程を事前に確認した上で遅れないように注文を行ってください。葬儀に出席が可能な場合は故人と最後のお別れになるので、できるだけ出席するように心がけましょう。


 弔電を送る方法を知っておくこと

 最近では葬儀を近親者のみで執り行う、家族葬が増えています。そうすると一般の弔問客を断ることもあります。出来れば、弔問をしたいけどそれが出来ない場合には、弔電を送るという方法を考えてみるとよいでしょう。
 弔電は以前、電話で申し込みをすることが一般的でしたが、最近ではインターネットで申し込みを行うことが出来るようになりました。どんなデザインにするとよいのか、ということも実際にオンラインで見ながら確認をすることが出来るようになっているので、どんなものが送られたのか分からないということもありません。メッセージも自分で考えることが出来るようになっているので、何かと便利です。
 お悔やみの気持ちを伝えたい場合には、弔電はとても便利です。迷惑になることもあまりないですし、家族葬であっても電報であれば読み上げてくれることもあります。

次の記事へ

カテゴリー