弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 通夜や葬式に出席できない場合には弔電を送る

通夜や葬式に出席できない場合には弔電を送る

 お世話になった人が亡くなった場合には通夜や総理に出席して最後のお別れをするのがベストな選択ですが、どうしても外せない用事があって行けないことがよくあります。その場合には喪主や親戚に対して哀悼の意を表すために弔電を送る人が沢山いますが、それによりどれだけ亡くなった人のことを大切にしていたのかが相手に伝わるのでそれを送るのはとても重要なことです。
ただ送り方には注意するべきこともあって弔電は告別式等に呼ばれることが多いので、遅くても告別式の始まる前に送る必要があります。告別式が終わって荼毘に付された後数日経ってからそれを送ったら常識がないと思われてしまうので、その点に関しては十分に注意することが大切です。最近では電話だけでなくインターネットでも受け付けていますが、その場合には24時間何時でも申し込むことができるので忙しい人にとってはとても助かります。


弔電はWEBで送ると安く送れる

 成人の方でしたら、過去に一度は弔電をいただいたり送られた事があるでしょう。そもそも弔電とは、故人への哀悼の意を伝えると共に、ご遺族への労りのメッセージです。送る宛先としては喪主宛に送りますが、受取りに不備がないよう送る際には一報を入れることもマナーとしては良いでしょう。以前は電話だけの対応しかありませんでしたが、近年はWEBの進歩や弔電や祝電を扱う業者の参入も多く、WEBを利用した場合、価格面でも通常の3分の1程度に抑える事が可能です。受付時間も24時間対応や、お届けする時間帯も短時間で送れるサービスもあり、急な送信には便利な時代になりました。表紙のバリエーションも以前より増えてきたことも確かです。パソコンやタブレットの扱いに慣れた方は、WEB送信を使うとメリットもかなり多いことは間違いないでしょう。


弔電を送る際に考えるべきことは何か

 不幸があった際、本来であれば弔問に訪れるべきですが、場所が遠かったりした場合には弔問に訪れることが困難になります。そんな時でも弔意は伝えたい、哀悼の意を伝えたい場合があります。故人や故人の親族との関係性によっても変わってきますが、哀悼の意を伝えたいが弔問をすることが出来ない場合には弔電を送るとよいでしょう。送る場合には、まず誰の不幸なのかということも配慮をしなければいけません。
またどこに送るべきなのかも確認をする必要があります。最近では自宅ではなく、葬斎場で葬儀を執り行うことが多くなっているので、どこの斎場に送るのかということも調べておく必要があります。今はオンラインでも申し込みを行うことが出来るようになっているので、メッセージなども自分で確認をした上で送ることが出来るようになっているので便利です。

次の記事へ

カテゴリー