弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム

弔電を打つことは決して難しいことではありません
弔電は普段から頻繁に利用しているという人はほとんどいません。
ですから、いざ打つとなると、分からないことが多くて困ってしまうということがよくあります。
そこで、先ずは、いつ打てばい……

弔電を送る時の注意点
遠方で親しい人が亡くなった時、すぐ駆けつけることが出来ない場合があります。
また、近くでも仕事で葬儀に参列出来ない人だっているわけです。
後日、仏壇にお参りしてもいいですが。

弔電を送ることで想いを伝える
都合により、通夜や葬儀に出席することが難しい場合などには、弔電を送ることでお悔やみの気持ちを伝えることができます。
電話や、ネットから申し込むことができ、迅速に届けることができます。

弔電のメッセージとともに
弔電を出そうとした時に、そのメッセージをどのようにしたら良いのかと悩む場合もあります。
本当に親しかった人が亡くなった時などは、その本人に語りかけるようないつもの気持ちをそのままメッセージと……

御線香付きの弔電セットがひそかな人気です。
葬式に出席できない時に、弔電を送ることがあります。
気を付けたいことをまとめました。
まず第一に訃報の知らせが届いたらすぐに手配しましょう。
喪主様宛に、通夜に間に合うよ……

モダン仏壇は人気が高まっています
仏壇といいますと、私たちが住んでいる日本独特な雰囲気のものがメインとなっています。
しかしながら近頃では、モダン仏壇も増加傾向にあります。
モダン仏壇というものは、洋風デザインによ……

弔電を送る時のマナーを覚えておこう
突然お悔やみの知らせを受けた時、どうしても参列出来ない時に電報で弔電を送ることがあります。
しかし、いざ送ろうとした時に普段から行うような事ではない為、マナーを知らない方も沢山いらっしゃるで……

弔電をインターネットで注文する
不幸があった際に弔問に訪れたくてもそれが出来ないことがあります。
例えば遠方で行われる場合であったり、家族葬で一般の弔問客を受け付けていない場合にはお悔やみの気持ちを伝えることが困難になりま……

弔電は電話やパソコンから申し込み可能
弔電というのは、告別式に参加できない人が喪主に対して送る電報のことです。
弔いの電報を短くして弔電という言葉になっています。
弔電は電話から打つことができるので、忙しいときにでも利……

弔電で使われる言葉の意味と文章のまとめかた
弔電のメッセージの中ではよく「心からご冥福をお祈りいたします」というようにご冥福という言葉がよく使われます。
このご冥福という言葉は、故人が死んだあとの幸せを意味する言葉であり、死後の幸福を……

御不幸の知らせで弔電を打つ
昨今のご葬儀に関しましての、考え方や、行われ方等は、昔に比べ、大分様変わりしてきているように見受けられます。
お身内本当に近親者だけで執り行う家族葬や、密葬のような形式で行われる方が多く見ら……

これからはモダン仏壇の時代です
高校や大学を卒業し、社会人としてお勤めされている方が、大半です。
一方、社会人になり何年もたつと、今度は葬儀に行く機会が増加するでしょう。
そして、やがて欲しくなるのが仏壇です。<……

弔電はお悔やみの気持ちを言葉にして
企業関係の方や、親戚に親しい人など、自分と親しい関係や関連の方たちと故人と付き合いがあれば、弔電をお悔やみの言葉として送ります。

特に葬儀の際には、病気や遠方ということから参列で……

自分の言葉をきちんと伝えたい弔電
突然の訃報を聞いてその時にすぐに弔問に行くことができない場合もあるかもしれません。

そして、お通夜や告別式の日程が決まっても、どうしても都合かつかないということもあるでしょう。<……

弔電を送る際に知っておきたいこと
 お通夜やお葬儀に参列できない際、喪主や親戚に弔電を打つという習慣があります。
送り方としてはまず告別式に間に合うように手配しましょう。
電話で送る場合、受け付けてもらえる時間は8……

通夜や葬式に出席できない場合には弔電を送る
 お世話になった人が亡くなった場合には通夜や総理に出席して最後のお別れをするのがベストな選択ですが、どうしても外せない用事があって行けないことがよくあります。
その場合には喪主や親戚に対して……

弔電を送る際に注意すべき幾つかのこと
弔電は、訃報に接した際、さまざまな事情で通夜や葬式に参列できない時に、喪主・遺族に対して弔意を表す電報を送ることです。
葬式・告別式の弔電披露に間に合うように手配します。
NTTで……

弔電の文中で重ね言葉は使わない
 海外に出張中や入院中などで遠方にいるため、どうしても葬儀や告別式に参列できない場合はとりあえず弔電を打ち、後日都合を伺って焼香に出向くようにします。
電話局に弔電であることを伝えれば、相応……

弔電を送る時に気を付けるべきこと
 お葬式に参列できない場合、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送ります。
宛先や差出人名はどうするべきかなど送る時のマナーをしっておくことはとても大切です。
葬式に参列できない代……

弔電を出すときはそれなりの礼儀を必要とする
 弔電は親しい人がお亡くなりになった際に自分は葬儀に参列したいけど、事情でそれができない場合に代替の手段の1つとして使うやり方の1つとなります。  それは哀悼の意を示すための手段であり、故人のことを……

弔電を送るのはどんなタイミングが良いか
 弔電は、一般的には個人葬の場合、通夜、告別式が行われるシーンに開始時間までに葬儀の責任者となる喪主宛に送るのが基本です。遅くとも告別式開始の1時間前までには届くように手配するようにしましょう。  ……

弔電はマナーを守って送る事が大切
 弔電とは、いわゆる電報の事です。結婚式のお祝いやお葬式などの弔事用で使われることが多いのですが、きちんとしたマナーを守って送らないと、相手に失礼にあたりますので、気を付けなくてはいけません。  で……

1

カテゴリー