弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > お葬式に出られない時の弔電の利用

お葬式に出られない時の弔電の利用

人の死は、ほとんどの場合が突然です。
病気をして余命がわかっていたとしても、ピッタリとその時を言い当てられる人はいません。
大切な人のお葬式に、体調不良やどうしても抜けられない用事でかけつけられないことがあります。
そんなとき、香典を誰かに預けられたらベストですが、弔電という方法もあります。
一般的な押し花の弔電だけでも、本当はかけつけたかったという心や誠意が伝わる物です。
最近ではさまざまな種類の電報が出てきており、ブリザードフラワーの電報もあります。
お葬式用に色味を整えられているのでこちらも心が伝わります。
以前は電話で受け付けでしたが最近ではインターネットの普及によりスマートフォンからも簡単に電報を打つことができます。
じっくり考えて文章を作ったり、写真で物を見て選ぶことができるので選択しやすくなっています。
このような心の伝え方も素敵です。



知っておきたい弔電の知識



弔電とは、葬儀にあたってお悔やみの言葉を伝達する電報という意味です。
弔電は、ほとんどの場合は、通夜、告別式が施される所に葬儀の開始する時間に至るまでに、喪主宛に送信するのが一般的と考えられています。
しかしながら、元気づけの意味を含めて送るというようなケースでは、喪主宛ではなくて、知人宛でも違和感はありません。
115が電報を発信する連絡先ですが、今の時代では、インターネットから容易に発信することも可能になっています。
弔電の文については、個性的な温かいものも問題ないですが、厳粛なところだということもふまえて、礼を失することがない、そして多かれ少なかれ所定の定形のかたちを選択されることが賢明といえます。
式の中で拝読されたり、ご親族で確認することもありますので、常軌を逸した中身は避ける方が望ましいといえます。



弔電を打つときのポイントについて



お世話となった方や知人が亡くなられたのなら、第一にダイレクトに足を運んで最終的な挨拶をさせてもらいたいものですが、疾病などの都合でどう頑張っても弔問が困難なことがあります。
そういった時だからこそ活用したいのが弔電です。
郵便局でダイレクトに依頼する手法のほか、お電話にて依頼する方法とインターネットを通して契約をする方法があります。
電話で契約を交わす方法は受付しる時間帯あるいは配達の時間が確定しているので留意をすることが不可欠です。
近くのNTTなどで把握しておくと安心です。
弔電を打つケースでは115に電話をすることによりお願いできます。
インターネットを介してはいつでも受付をしてくれるほかの、典型的なメッセージが、ありますのでこちらを使うことができたります。
惜別を表すおし花などに台紙を目にして選択することも可能です。

次の記事へ

カテゴリー