弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 人口が密集しているという環境での東京における葬式

人口が密集しているという環境での東京における葬式

葬儀は、誰もが経験しなくてはいけない儀式のひとつです。
全国各地で様々な形態の葬儀が執り行われていますが、東京をはじめとする首都圏では、昔ながらの形態に加え、新しい葬儀の形が支持を集めています。
東京都では、5人にひとりが直葬というお通夜も告別式も行わない葬式で送り出されているともいわれており、家族葬など比較的参列者の数が少ない葬式が主流となってきています。
東京都は、面積は狭いですが、人口が過密であるために、常に斎場や火葬場が不足の傾向にあります。
そのため、葬儀も他の地域とは違った方法で執り行われることもめずらしくありません。
また、地方から都市部へ引っ越してきた人が亡くなった場合などには、火葬のみを行い、出身地や長く住んでいた場所で遺骨のみの骨葬を行い、その場所の墓地に埋葬するということも少なくはないようです。



故人を偲ぶ環境が整ってきている東京での葬式

最近では、病院や老人ホームで最期を迎える人が多くなってきています。
長寿社会である一方、長期間にわたって患ってしまう人も少なくありません。
そのため故人が亡くなった後は、自宅に連れて帰りたいと考える家族も多いようです。
しかし東京では、密集した住宅事情などの関係により、それが困難なことも多く、ほとんどの場合、葬式は斎場で行われます。
斎場で故人と最後の時間を過ごす家族が増えてきているので、安置施設が併設された斎場の希望者は増加の傾向にあります。
東京では、付き添い安置が可能な斎場を利用したいという声も多く聞かれます。
また、付き添い安置などではなく、もっとリラックスして、ゆっくりと最後の時間を過ごせるようにするための個室を設けている斎場も登場しています。
傾向としては、通夜振舞いに故人が好きだった料理を取り入れてくれるなど、以前に増して故人を偲ぶ環境が整ってきているといえるでしょう。



費用の面で選択肢が多い東京の葬式

葬儀は、大切な人が亡くなった際に行う儀式なので、それなりのものをと考えている人が多いようです。
その結果、費用の心配をしてしまったり、なんとなく違和感を抱えたまま故人を送り出すことになってしまったりと、後悔の声も聞かれます。
現代は世の中の葬儀や埋葬に対する風潮が変化してきていることもあり、以前に比べて葬式に関する意思を貫きやすくなりました。
東京は、様々な文化の発信地でありますが、様々な形態の葬儀も提案されています。
直葬や家族葬など規模の小さな形態は、都市部で需要を伸ばしつつあります。
また、東京で執り行う葬式は、全国に比べると比較的費用を抑えることができるようです。
もちろん立派な葬儀であれば金額の負担は多くなりますが、小規模なものは地方に比べれば安価となっています。
費用の面で選択肢に幅があるというのが、東京における葬式の特色のひとつでしょう。

次の記事へ

カテゴリー