弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 大阪の葬儀で使用する香典

大阪の葬儀で使用する香典

社会人として生活している中で、突然の訃報の知らせが届くことは多くあります。
その際には速やかに通夜や葬式に参列する準備をして個人との最後の別れを行います。
その際に葬儀に持っていく物として香典があります。
この香典ですが地域によっても風習やマナーが違うので、もし自身が参列する葬式が行われる地域が初めてなのであれば事前にチェックしておくことが大切です。
とくに大阪での葬儀に参列する場合は、関東で使われる香典袋とは異なるタイプが使われます。
本来であれば黒と白の水引を使用したタイプが使用されます。
ですが大阪府の多くの地域では香典の水引の色は黄と白の物が使用されます。
関西で多くみられる風習となっているため、香典を準備する際は注意することが必要です。
黄が使われるようになった理由ですが、喪を表すとされている色が黄色ということから香典で黄色と白色の水引が使われるようになったといわれています。



様々な形態の中から選択できる大阪の葬儀

葬儀は、大切な人とのお別れをする場です。
もちろん遺体の処理や社会における故人と関係があった人との整理や、宗教的な儀式を残された家族が行わなくてはなりません。
悲しみの中やらなくてはいけないことですが、この義務によって悲しみすぎることがないように、という意味合いを葬儀は含んでいます。
近年、お葬式の形態は大きく変化し多様化してきています。
大阪でも様々な形態のお葬式を選択できるようになっているようです。
昔ながらの大人数で行うものや、家族葬などの比較的新しい形態、また直葬というものなどお葬式の形は様々なのが現代の特徴です。
従来の観念に縛られず、自由で故人の意志が尊重される葬儀を選べるようになってきているのは、残される家族にとって好ましいとされています。
一方で、受け継がれてきた伝統的な形態が失われる可能性もあると指摘されてもいるようです。



大阪の葬儀の風習となる精進料理の切り方

日本において人が亡くなると必ず行われるのが葬儀となります。
葬儀のマナーや方法などは通夜や葬式に告別式など色々あるので、実際に自身が参列する場合には失礼の内容に注意することが重要です。
また地域や場所などによってもマナーや風習などが異なるので知っておくと良いです。
大阪で行われる葬儀の風習の1つとして、精進料理があります。
全国でも葬式の際にふるまわれる精進料理はありますが、大阪での風習として切り方に特徴があります。
本来は豆腐や高野豆腐といった食材は四角い形にきるものですが、葬式の際は三角の形にして切るようにしています。
理由としては普段と異なる切り方をすることで、日常と死を切り離してたいという考えから行われる風習とされています。
逆に行う風習を逆さ事といわれており、屏風を逆に飾る行為やぬるま湯を作る際に水にお湯をいれるといった事なども行われます。

次の記事へ

カテゴリー