弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 庶務担当としての弔電手配

庶務担当としての弔電手配

弔電(ちょうでん)とは、弔意(ちょうい)を伝えるための電報、すなわちどなたかが亡くなられた時に、葬儀に参列できない方がお悔やみの気持ちを送るための手段です。
電子メールでのやりとりが普通となった現在でも、この習慣はまだ消失する気配はありません。
会社で総務に所属していたり、課の中で庶務を担当していたりすると、必ずと言ってよいほど弔電を手配する作業が発生します。
かつては電話で手配していましたが、現在はインターネットでクレジット払いというのが主流です。
しかしながら会社によって手配の仕方はそれぞれ異なると思われますので、その点は上長などに確認が必要です。
担当として一番悩むのはその文章です。
本来、弔電で大切なのは台紙の部分ではなく、暖かく故人をお見送りする心を表す文章だからです。
インターネットで検索すれば、テンプレートを探すことができますので、状況に応じて適切なものを選択します。



弔電を書くときのマナー



弔電には、一定の書き方があります。
遺族の方々に失礼のないよう、気をつけて書かねばなりません。
まず、忌み言葉がいくつかあります。
不幸が重なるため、「重ねる」「かさねがさね」「くれぐれも」といった言葉は避けます。
不幸が再び来るため、「再び」「また」「たびたび」なども使いません。
死・苦しみを想起させる数字「四」「九」も使いません。
それから、直接的な表現、例えば「死ぬ」「死亡」は「逝去」「悲報」に、「生きる」「生存」は「お元気なころ」に書き換えるのがマナーです。
次に、故人の呼び方は、喪主を務める方から見た続柄を当てはめます。
喪主から見て、故人が夫なら「旦那様」、妻なら「奥様」など、丁寧な表現を意識しましょう。
もちろん、「(故人名)様」でも構いません。
これだけ守れば、後はお悔やみの気持ちを綴れば大丈夫です。
「ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。
」「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。
」などの文を添えれば、最低限の形式は整います。
参考にしてください。



弔電について考えよう



弔電について考えてみます。
弔電とは、葬儀に参列できない人が送るお悔やみ電報のことです。
弔電には台紙の違いなどによっていろいろな種類があります。
まず、フォーマル電報、刺繍や押し電報、ベーシック電報、フラワー電報、ブリザードフラワー電報、線香付き電報などいろいろあります。
台紙の種類や文字数によって価格もかわります。
送るタイミングは、早いほうがいいです。
お通夜の前には送り、送る相手は喪主の方になります。
送る場所は葬儀の会場になる自宅か斎場が一般的です。
各社が電報サービスを行っています。
最近では、ベーシックな台紙の電報だけでなく、ブリザードフラワー電報や線香付き電報など送る相手に想いや形になるももを送ることもあります。
相手との関係や環境によって電報の種類などを変えて想いをのせて送ることも重要になってきます。

次の記事へ

カテゴリー