弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電が間に合わない場合は無理に送らない

弔電が間に合わない場合は無理に送らない

結婚式と違いお通夜や告別式は知ってから実際に行われるまでの期間が短いです。
1週間ぐらい期間が開くこともありますが、場合によってはその日にお通夜があることを知らされることもあります。
親戚や仕事関係、交友関係などいろいろなケースがありますが何とか都合をつけて行く準備をするでしょう。
しかしどうしても行けない予定が入ってしまうと電報などを考えます。
弔電の送り先としては基本的には告別式などが行われる会場になります。
もし送る1時間ぐらい前に行くことができないようになったときに無理やり送るのはどうかです。
1時間前だとまず到着させるのは無理です。
式が終わってからの到着になりあまり良くはないかもしれません。
そのときにはあえて送らず、当日に行けない旨を直接伝えます。
そして後で挨拶などをした方が良いでしょう。
その人との関係によって変えます。



弔電は告別式などが行われる式場に送る



冠婚葬祭はいろいろな場所で行われます。
所定の会場がありそちらで行われることもあれば宗教施設が利用されることもあります。
そして各家庭や集会場などが利用されることもあります。
お通夜であったり告別式は比較的いろいろなところで行われることが多い式になるでしょう。
市区町村の施設を利用する場合、お寺などを使う場合、自宅などを使う場合などもあります。
事前に会場は知らされます。
出席が出来ない場合は弔電を送ることになるでしょう。
このときにどこに送るかですが式場に送るのが一般的です。
迷うのは実家に送るかどうかでしょう。
実家に送っても誰もいないことがあるので届けてもらえない場合があります。
電話などで式のことを知ることもあります。
そのときには会場の詳しい情報を聞いておく必要があります。
お寺などだと名称が難しいこともあるので注意しなければいけません。



弔電は喪主に対して送るのが一般的



結婚式を執り行うのは誰かですが、それぞれの家となります。
式場に行くと新郎新婦の名前が記載されていることがあります。
ですから新郎新婦の親などが執り行うことになります。
最近は新郎新婦本人達の名前で行うこともあるので電報を送るときは新郎新婦に送っても特に問題はありません。
両家が行うようになっているときには、その親に送るようにするのが普通のこともあります。
弔電の場合はどのような決まりがあるかですが、式を執り行う人に送ります。
告別式などは喪主が行うことになるので喪主に送るようにします。
結婚式と異なって故人が自分で式を執り行うことは出来ません。
ですから自然に喪主に送らないといけないことはわかります。
しかし故人のことしか知らない場合には喪主が誰か、名前がわからないこともあります。
情報を受けたときに喪主の名前も聞くようにします。

次の記事へ

カテゴリー