弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電でお悔やみの気持ちを伝えています

弔電でお悔やみの気持ちを伝えています

お世話になった人の訃報をいただいても、さまざまな事情で葬儀に参列できないことがあります。
そんなときは、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送るようにしています。
今はインターネットを利用すれば、すぐにでも電報を送ることができます。
もちろん、弔電もインターネットで送ることができますので、お悔やみの気持ちをきちんと伝えたいときは利用するとよいでしょう。
文例も豊富に用意されていますので、伝えたいメッセージが上手くまとめられない場合でも安心ですし、台紙のデザインもたくさん用意されているから、そのときの気持ちに合わせて選ぶことができます。
また、インターネットを利用することで、電報を送る際のマナーや知っておきたいことも頭に入れることができるので、特に弔電を初めて送るときなどは事前に確認しておくと安心感があります。



弔電を申し込みました



遠方に住んでいる為、親戚のお葬式に出られなかった為弔電を打つことにしました。
以前は電話でのみ受付していたので、携帯電話から3ケタの番号が受け付けられなかった様に記憶していたのですが、記憶違いか時代が変わったからなのか、簡単にパソコンからも弔電を受付してもらえる様になったみたいです。
祝電と違って弔いの言葉を文書にしたためるのは、何とも悲しく重たい気分になります。
何よりお世話になった方への葬儀に出られないと言う事は、物理的にも仕方のない事だとは言え、やるせないです。
この選択で良かったのかなと、迷いも生じ、すっきりもしません。
それぞれ生活もありますし、時間的な拘束もあります。
無理を押して伺う事が出来ないのは仕方のない事だと割り切るしかないのかも知れません。
自分の両親の最後には、駆けつける事が出来るのでしょうか。



正しい弔電の送り方とは



葬儀に日取りが決まったときに、どうしても参列することができない状況になってしまった場合、弔電はとても便利なサービスと言えます。
反対に、葬儀などに参列しないまま電報も届けないといった場合には失礼になってしまうことを理解しておく必要があります。
また、届ける文面や宛名など電報を作成するときには重要な注意点がとてもたくさんあります。
まず、よく失敗する例として宛名があります。
宛名は喪主に送ります。
自分の知り合いだかという理由で、喪主でもない人の宛名を使うことは失礼になってしまいます。
どうしても喪主がわからない場合には、故人のご遺族様という宛名でも問題はありません。
そして、弔電は葬儀場へ届けるようにしましゅう。
故人の自宅などにした場合、葬儀が終わるまで目に触れることができない場合があります。
事前に葬儀場の確認を行ってくことも重要です。

次の記事へ

カテゴリー