弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電で救われる人がいます

弔電で救われる人がいます

葬儀や告別式はこの現代社会がいかに変化しようとも、不変であり不滅です。
文化や常識として一般大衆から上流階級の人々に至るまで、人が死ぬ限りその行為が廃れることはありません。
葬儀や告別式を執り行う式場に足を運ぶ人もいれば、仕事やその他遠方に滞在しているがゆえにどうしても参列できない方も大勢います。
来てほしい人にどうしても来てもらえないという親族縁者、知人の方も大勢います。
そのことに対応できる方法として弔電があり、これも存在そのものが現代においても文化として未だに根付いて人々の関わりから離れることはありません。
弔電を受け取る側はそのメッセージに対して心からの感謝と冥利感を得、気持ちの整理をつけることができます。
人は前に進んでいかなければなりません。
式に参列してくださった方々と同列にそのメッセージの深さを心に置き、生きていくことができるということです。



弔電を送るときのマナー



葬儀や告別式に参列できない時にはお悔やみの気持ちを伝えるために、弔電を送ります。
弔電は葬儀や告別式の前日までにうちます。
送り先は葬儀が行われる場所に合わせて、その会場に送るようにします。
宛名、宛先は喪主あてにしますが、○○様ご遺族様のようにします。
文中では喪主と故人との続柄を敬称で表しましょう。
文面には直接的な生々しい表現、不幸が重なることを連想させる重ね重ねな表現、大げさな表現などを避けましょう。
では、どの程度の関係性の人に弔電を打つのでしょうか。
親しい人や、友人の家族はわかりやすいですが、自分の会社の社員、仕事上の付き合いがある取引先の社員に不幸があったときにも送るようにします。
台紙を選べるサービスや、フラワーアレンジメントを付属させるサービスもあるので、必要かどうか判断して送るようにしましょう。



弔電は素早さが大切です



冠婚葬祭の中でも予告もなくやってくるのが訃報です。
すぐにお通夜や葬儀に駆けつけたくとも中々実際的に無理がある場合、一刻も早く故人を偲び、ご遺族に’哀悼の意を表す為にも弔電はなるべく早くお送りするのがマナーといえましょう。
慌てて手配するとよい文面も考えつかないことがありますが、電報会社にはサンプルの文面がありますから、これを利用したり、参考にするのが一般的です。
また、最近では素っ気無い文字ではなく毛筆体などで印字できたり、各種台紙を選ぶ事ができますから、そういったオプションを利用して、他の方の弔電とは違う、貴方のオリジナルのものをお送りするのが他の方との区別がしやすくてよいのではないでしょうか。
こういった一切の手配は今やネットから早急に申し込めるようになっていますから、いざという時のために予めアプリやサイトを登録しておく事をお勧めします。

次の記事へ

カテゴリー