弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電として送られる方は

弔電として送られる方は

急な時には、自宅に電話をかけられると、ご家族の方に迷惑がかかるので、弔電で故人にお言葉を伝えられる方もいらっしゃいます。
弔電を送られる時、電話をかけて申し込まれる方もいらっしゃいますが、自宅にネットがつながってる環境であれば、インターネットから申し込んでクレジット払いにすることも出来ます。
出来るなら最後を、見届けてあげたいですが、事情で葬儀に行くことが出来ない時に利用されるといいですね。
弔電を送られると、葬儀の時に、進行される方が何通か読み上げることがあります。
大半は名前だけ読み上げて終わりになることが多いですね。
葬儀が終ったら、ご家族の方に渡されるので、ひと通り読んであげることが大切です。
なるべく高い値段の台紙で送りたいのはわかりますが、結婚式ではないので、種類もそんなにないので、どういったことを伝えたいかが重要ですね。



弔電が送られてくる先は



最近は家族葬という形で葬儀を執り行う選択をする人が増えてきたこともあって、一般的な葬儀では必ず読み上げられる弔電も、家族葬においては省略される場合もあるのではないでしょうか。
ただし、まだたくさんの親族が参列する家族葬であれば、家族の中でも誰がどのようなコネクションを持っているかを知らせるために、読み上げられることがあります。
弔電はどちらかというと、亡くなった故人のためにというよりは、残された家族が持っているつながりで送られるものであるという意味あいが強く、社会的地位を示すバロメーターになっていることも多いのではないでしょうか。
会社に属している人なら、どこの会社なのかがわかりますし、多方面にお付き合いをしている人なら、さまざまな団体などから届きます。
意外なところの名を耳にしてびっくりということも、意外とあるのが弔電です。



弔電を届けてくれた先とその数は



結婚式で祝電が読み上げられるのを楽しみにしている人は多いと思われますが、弔電の場合は楽しみにするというわけにはいかないものの、故人とその家族を取り巻く環境が垣間見えるという点で、非常に興味深いものであるといえます。
誰もが名前を聞いたことがある一流企業が社長名で送ってきているかと思えば、おそらく小さな会社と思われるところから届いていることもあります。
家族が多かった人が年を重ねたのちに故人となったのなら、その子や孫の代まで世間とのつながりができ、送られてくる弔電の数も増えるでしょう。
遺族が選択するのが基本ですが、葬儀社は知名度の高いところから読み上げていく傾向がありますので、読み始められるとつい聞き入ってしまうのではないでしょうか。
たくさんあれば、それなりに幸せな人生だったといえるのかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー