弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電にも様々な種類がありますので比べてみました

弔電にも様々な種類がありますので比べてみました

弔電には台紙が必要になりますが、それぞれ様々な種類があり、料金相場も異なりますので比べてみます。
まずはペーパー電報です。
普段あまりお付き合いのない方などに形式的に送る最もベーシックな紙の台紙で、相場は1,000~2,000円ほどです。
次に刺繍電報・押し花電報です。
これは故人を偲ぶ細やかな造りの電報で、通常の電報よりも品があります。
相場は2,000~4,000円ほどです。
次に布張り電報です。
しっかりとした厚みと重量感のある布張りは、親戚や上司などお世話になった方が喪主を務める葬儀への弔電に向いています。
相場は2,000~3,000円ほどです。
またブリザーブドフラワーや供花付き電報もあります。
お付き合いのある間柄の方へ形あるものを残すという意味で、最近広く使われています。
相場は4,000~6,000円ほどです。

弔電を送る時に知っておきたいマナー


弔電はお葬式に参列できない代わりに送るものです。
よって通夜や告別式に間に合うよう、遅くとも式開始の1時間前には届くように手配します。
もし弔電が葬儀に間に合わないという時は、参列できない旨を電話で連絡し、後日お悔やみを故人宅に伺って直接伝えるのがよいでしょう。
弔電の宛先は、葬儀が執り行われる式場にします。
事前に連絡先を確認しておくことが大切です。
宛名は喪主名にして送ります。
特定の個人に送りたいという時には、喪主名の横に記載します。
できるだけフルネームでの記載が良いですが、わからない場合は「(故人名)様ご遺族様」宛でも構いません。
差出人については、遺族側が見てわかりやすいよう、差出人名の横に故人との関係を一言添えてあげます。
学校や会社関係者などの複数人や連名で出す際には、代表者と関係者の名前を記入した方がいいでしょう。

弔電本文の書き方で注意すべき事


弔電に記載する内容は決まりがあるわけではないため、基本的には自由に作成する事ができます。
ただし、書き方のマナーとして少し注意すべき部分があるため下記に紹介します。
まず故人やご親族の名前は敬称で表します。
故人に対して敬意や尊敬の念を込めるためです。
例えば実父、実母でしたらご尊父様、ご母堂様、配偶者でしたらご主人様、ご令室様といった具合です。
また、忌み言葉の使用も避けます。
「重ね重ね」や「たびたび」といった重ね言葉のほか、「九」や「四」のように読みが不吉な言葉や「死ぬ」、「生きる」など直接的に生死を表す言葉は相応しくない表現とされますので、使用してはいけません。
さらに故人やご遺族の信教により、使用を避けるべき言葉もあります。
特にキリスト教、仏教などには不適切な言葉が多くありますのでよく注意してください。

次の記事へ

カテゴリー