弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電のメッセージ内容とは

弔電のメッセージ内容とは

弔電を送る際に、メッセージを考えますが、お悔やみを伝える相手先の状況を把握した上で充分考える必要があります。
オリジナルの文面にする場合には、相手の事情にあまり立ち入った具体的な内容よりも、かしこまった文面にすることできちんと不幸をいたむ文章を入れるのが普通です。
ビジネスなど公的な関係での弔電では、言葉を選んで例文でも多く取り扱われている文から選ぶことは間違いがありませんし、失礼になることがないでしょう。
葬儀が終わってから訃報を知った場合は、電報や手紙で弔意を伝えますが、遺族は慌ただしい中にあるので後日改めて弔問に出向く時には配慮をしましょう。
また、相手が仏教では無くキリスト教の場合には、仏教用語を使わないように注意をしましょう。
具体的には、「冥福」、「成仏」、「供養」、「弔う」と言った言葉を使わないようにします。
弔電を送る場合には、配慮をして注意をした上で言葉を選ぶようにしましょう。



弔電を打つための準備



弔電を打つまえに準備があります。
まず、相手の住所が必要です。
遺族の自宅か葬儀場かを把握しておかなければなりません。
次に、相手の名前ですが基本的には喪主になります。
喪主の方ではなく他の遺族の友人の場合には、その友人の遺族宛でも構いません。
そして、送る日時を決めます。
予め、葬儀の前に届くようにします。
メッセージは、オリジナルで準備することも出来ますが、インターネットなら、文例を検索して選択することで素早く決められます。
電話で依頼した場合、オペレータが文例を提案してくれるので相談をしながら申し込みをすることが可能です。
それから、電報台紙の選択があります。
これは、申し込みをする時に選択しますが、最近では押し花や刺繍などが施された物も種類が多くなっています。
予め、これらの点をしっかり準備した上で申し込みをすればよりスムーズに行きます。



弔電の申し込みついて



弔電は、祝電のように事前に用意をすることが出来ないため、急いで手配をしなければいけません。
弔電を送るときは、NTTの電話で申し込むというイメージを持っている人も多いですが、電話での申し込みは、時間が決まっています。
夜は10時までなので、夜に連絡を受けた場合や、仕事が遅くなり申し込みができないこともあります。
そんなときには、インターネットで申し込みをすることもできます。
電話で申し込みをする場合は、オペレーターの人に住所などを口頭で伝えますが、インターネットだと、入力をするので間違えにくいです。
24時受付をしているため、夜中でも申し込みをすることが出来ます。
弔電の相場は、文字数や、台紙の種類によって金額が変わりますが、だいたい、1000円から3000円くらいになります。
どのような文章にすればいいのかわからない人はインターネットなどで調べましょう。

次の記事へ

カテゴリー