弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電の基礎知識を身に付けておこう

弔電の基礎知識を身に付けておこう

弔電とは、事情によって通夜や告別式に参列する事が出来ない場合に喪主、もしくは親戚に弔意を表す電報を送る事を言います。
あまり日頃から行う行事ではないので送り方が分からない方も多いでしょう。
事前に送り方や書き方の基礎知識を把握させておくと良いでしょう。
弔電は電話で依頼して打つ場合が多く、文字数によって料金は異なり、1000円から3000円が一般的となっています。
そして弔電は葬儀の際に何通か選んで読まれる事があるので、失礼のない厳粛な場に相応しい文面を心がけましょう。
不安な方は定型文などを利用するのも良いでしょう。
ご自身で文面を考える時は重ね重ね、たびたび、などの忌み言葉は使わないように注意しておきましょう。
また漢数字で四や九なども不吉なイメージがあるので使用しないようにしましょう。
インターネットを利用すれば様々な状況に適した定型文を参考にする事が出来るので見ておくと良いでしょう。



突然の不幸に、弔電でお悔やみを



結婚式などのお祝い事と違って、悲しみはある日突然にやって来ます。
結婚式の様に、何か月か前からハガキで連絡が来て、スケジュールを開けておく様な事は出来ない為、通夜や葬式には出席出来ない可能性もある訳です。
けれど誰もそれは咎める事が出来ません。
なぜなら予期する事ができないですから。
けれど人として、礼節はわきまえなければなりません。
いくら時間がなくても、耳に入れば何かしらのリアクションを行わなければいけません。
代理を立てるとか、花を出すとか、弔電を贈ると言うのも一番心が込められていて良いかもしれません。
インターネットや電話一つで応対が可能ですし、お悔やみの文章を考えるが苦手な方でも、定例文が幾つかありますから、それを選んで決める事も可能です。
台紙にもグレードがあり、故人に見合った相応しい物を選べます。



弔電を送るということ



弔電とは、誰かが亡くなったときに、お悔やみとして送る電報のことです。
訃報を聞いても、遠方に住んでいるなどの理由で葬儀に参列できない場合に、お悔やみの気持ちを打って送ります。
送った電報は、葬式会場で読み上げられることも多いです。
弔電の申し込みは、電話でするか、インターネットからの申し込みもすることができます。
電報に使う台紙は複数の種類があり、その中から選びます。
台紙には美しい模様が施されています。
送る文章は、頼んだ会社の考えた定型文もありますが、自分で考えた文章を付け加えることもできます。
自分で文章を考えたほうが印象を強く残すことができます。
電報にお香やプリザーブドフラワーをつけて送るといったサービスをしている会社もあります。
どちらも後まで取っておくことができるので長く気持ちを表すことができます。

次の記事へ

カテゴリー