弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電の宛先はどうしたら良いか

弔電の宛先はどうしたら良いか

お知り合いの方やそのご家族、もしくはビジネスでのお付き合いのある方がお亡くなりになった際には、可能であれば通夜もしくは告別式に参列された方が望ましくはあります。
しかし、遠方の場合や、スケジュールの都合などで直接おくやみが出来ない時もあるでしょう。
そんな時には弔電をお送りする事により、おくやみの気持ちを表すことができます。
時期としては通夜の前、もしくは通夜当日までにお送りしておく方が良いでしょう。
お亡くなりになった方が、お知り合いのお父様やお母様であった場合には、喪主がお知り合いの方当人ではない可能性もあります。
以前は、弔電は喪主にあてて出すのがマナーと言われた時代もありましたが、喪主のご氏名がわからない場合も考え、今ではお知り合いの方を宛先にして弔電をお送りする事は全く問題ないと言われています。
お悔やみの気持ちを優先した時代の変化でしょう。



弔電相手に失礼のないようにする



弔電をうつ時はやはりとても気を使います。
相手にもよりますが、台紙ひとつをとっても悩んでしまうのではないでしょうか。
例えば社用でする場合やそれなりに人が集まるという時は台紙も装飾がほどこされている物のほうがいいでしょう。
場合によってはみんなの前で読み上げたりすることもありますし、見た目の印象なども大事になってきます。
あまりにも簡素だと相手に対しても失礼にあたりますしこちらの印象も悪くなりますので台紙は重要です。
台紙といっても刺繍がしてあったり、最近はとても凝ったものもあります。
もちろんその分値段ははるのですが、こういったことはやり直しができませんのできっちりと準備した方がいいでしょう。
またそれに加えて文字数なども代金に含まれてきます。
台紙にばかり気をとられるのでなく、トータルしてあらかじめ予算を決めておいた方がいいでしょう。



弔電親戚などにおくる時



弔電でも身内におくる場合もあるでしょう。
親戚でも遠方にいる場合やどうしても都合が悪くて弔電をうたなければいけない場合もあります。
またそうした時の台紙ですが、あまり豪華すぎるのも困ります。
今は刺繍や押し花などをしてかなり厚みがある台紙もあります。
見た目は確かに悪い気はしないですが、受け取る方にしてみると重ねにくいですし困ることもあるようです。
親戚などの場合は台紙はほどほどのものにして、それよりも内容をしっかりと考えてあげた方がいいでしょう。
手短にすますのでなく相手の事も考えた文面にするようにします。
また今はあらかじめできあがった文章もありますのでそちらを利用するのも方法です。
見た目の豪華さよりもこころのこもった内容の方が喜ばれます。
文字数によって金額もかわりますが、それよりも自分の気持ちが伝わるような内容にしましょう。

次の記事へ

カテゴリー