弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電の書き方を覚えておこう

弔電の書き方を覚えておこう

故人の訃報を聞いた時、何らかの事情により葬儀に参列できない場合に弔意を表す方法として弔電を届ける事があります。
書き方などを理解していないと、知らずうちにマナー違反をしていたり、相手を困らせてしまう場合も考えられるので事前に覚えておきましょう。
まず、文章全体が分からないと言う方はインターネットを利用して例文を参考にしていきましょう。
定期文などから文章の頭と末を入れていき、あとはご自身の言葉で書いていく方法をお勧めします。
ご自身と故人とのエピソードを書く事で遺族に分かりやすく関係性を知ってもらう事ができ、遺族以外にも故人が愛されていた事を知らせる事が出来ます。
文章を書く際は重ね言葉は使用しないように気を付けてまとめておきましょう。
電報サービス会社を利用する事で簡単に弔電を打つ事が出来ます。
台紙なども色々な種類がありますが、大切な事は中身の文章です。
あまり見栄を張らずに台紙を選ぶようにしましょう。



急な対応もできる弔電は送り先が重要



葬儀や告別式はあらかじめ予定がわかるはずもないので、急な対応が求められます。
電報は当日の受付でも時間に間に合うようになっていますが、この時に確認が必要なのはどこに送るのかということです。
通夜の前ならご自宅あてに送っても構いませんが、斎場で葬儀や告別式が行われるときは、ご自宅を留守にしているため斎場宛に送るのが一般的です。
お悔み広告などで最上の住所がわかれば問題ありませんが、特に明記されていないこともあり、ご遺族に確認の連絡をすることになります。
お忙しい中で電話をかけますので、要件を手短に伝え時間を取らない配慮が求められます。
また、要件に入る前にお悔やみの言葉を手短に伝えるのも礼儀作法として欠かせません。
弔電の文例は専門のサイトなどにも掲載していますので、適切な文章を選んでください。
弔電用の台紙の選び方もシンプルになっています。



弔電の種類について。



弔電には様々な種類があります。
まず、カードタイプのもの、表面に漆が塗られている、うるし電報、これは中にろうそくやお線香を入れて使うことが出来ます。
そして、押し花や刺繍や西陣織などのデザインがされている台紙タイプのもの、それから線香が付いている香典、さらにはブリザーブドフラワーが付いてくる電報、定番の供花など、様々な種類の弔電があります。
特に華やかなものは、ブリザーブドフラワーの電報です。
ブリザーブドフラワーは枯れない生花と呼ばれていて、いつまでも美しい生花を楽しむことが出来ます。
特に女性の方に弔電を送る場合はこういった華やかなものをおすすめします。
そしてうるし電報も、高級感があり電報として頂いた後に、ろうそくやお線香入れとして使うものも実用的で良いのでおすすめします。
そしてお値段も幅広いので、予算に合ったものを選ぶと良いです。

次の記事へ

カテゴリー