弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電の贈り方について

弔電の贈り方について

昔は連絡をとる手段として電報が重宝されていましたが、今の時代は連絡をとる術は豊富にあるのであまり利用されることは多くは無くなりました。
しかし今でも冠婚葬祭時には電報がよく利用されます。
参列したくても足を運ぶことができない葬式には弔電を贈ることも大人になるとあるのではないでしょうか。
おめでたい席に贈る電報とは異なるので、マナーなど注意しなくてはならない点も異なってきます。
緊急で贈ることが多いお悔やみ電報ですが、届く日にちやタイミングには十分注意するようにしましょう。
ただでさえも忙しい時期に、電報の贈り方を間違えたとなっては、相手側との関係性がかなり悪くなってしまいかねません。
自分は参列しないからといって、適当な気持ちで文章を考えたり、用意されている文章をそのまま贈るのは相手に対して失礼にあたります。



インターネット通販サイトを利用して弔電を送ります



お世話になった人の葬儀や告別式は、できるだけ参列したいと考えていますが、仕事などさまざまな事情で、どうしても行けないときがあります。
そんなとき、よく利用しているのが弔電です。
遺族に対して弔意を表すことができるので、どうしても参列できないときは必ず送るように心がけています。
最近は、電報サービスを行っているインターネットの通販サイトがあるので、よる便利に利用できるようになりました。
冠婚葬祭さまざまなシーンに合わせて送る電報が用意されているので、安心して利用することができます。
ちなみに、弔電を送る際はいくつか気をつけていることがあります。
そのひとつが本文です。
本当は自分の気持ちを直接文字にして送りたいのですが、万が一失礼な言葉が入ってしまってはいけないので、用意されている文例の中から選ぶようにしています。
豊富な文例が用意されているので、自分の気持ちと同じような文を見つけやすいので安心して送ることができ、助かります。



弔電の文章の書き方について



誰かが亡くなったとき、やむを得ずお通夜、お葬式に参列できない時に弔意を表す手段として便利なのが弔電という種類の電報です。
弔電を打つ時には、気をつけないといけないことがあります。
よく考えられるのが、電報の台紙の種類が高いほうが弔意を表していると考える人がいますが、それは違います。
一番大切なのは、弔電を送るあなたと故人の関係が明らかになり故人の親族の心温まるような、故人のエピソードを添えて挙げることです。
もちろん、何も考えつかない、会社の付き合いで送る場合もあるかもしれません。
その場合準備されている、定型文を使っても構いません。
しかし、せっかく弔意を表す機会を持つことが出来るのですから故人の親族を慰めるもの、ほっとした気分にさせるもの、そして個人が安らかな気持ちで旅立てるような文章を考えることをお勧めします。

次の記事へ

カテゴリー