弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を受け取った時のお礼について

弔電を受け取った時のお礼について

弔電は、通夜や告別式に参列できない人から取り急ぎ送られる、弔意をこめた電報です。
冠婚葬祭のマナーとして施主宛てに届くのが一般的になっています。
また、弔電を受け取った側にもマナーがあります。
それは、施行後にお礼をする必要があるということです。
香典ではなく電報だけを頂いた場合には、お礼の品物などを用意する必要はありません。
ただし、電報の送り主の方にお礼状を送ることは必要です。
友人など、特別に親しい間柄の人であれば、文面ではなく電話で直接口頭でお礼を言うことも特に失礼にはあたりません。
お礼状を手配するタイミングは、お葬式が終わってからできるだけ早くが基本です。
お葬式が済んで一週間以内を目安に送り、遅くても四十九日の法要を終えて忌みが明けるまでには弔電を送ってくれた方の手元に届くように手配するのがマナーです。



知っておきたい弔電を送る流れ



近い関係にある方の訃報を受け取り、お通夜や告別式に弔問ができない場合にはお悔やみの心をこめた電報を送ります。
この弔意電報が弔電です。
弔電を送るにあたっては、まずは電報の送り先として告別式が執り行われる場所を確認します。
斎場であれば斎場に、自宅であれば自宅の住所に宛てて打電します。
また宛名は、施主の方とするのが基本です。
しかし、施主の名前が不明なケースも多いはずです。
そうした時には、亡くなった方の名前にご遺族一同様とすることもできます。
次に電報の内容を決めます。
文面は電報会社の定型文を使ったりアレンジ、あるいはオリジナルの文面で送ることができます。
ただし、忌み言葉や重ね言葉、先方の宗派に合わない文面は避けるのがマナーです。
弔電は告別式で読み上げられるのが一般的なので、お通夜から告別式までに間に合うように手配します。



弔電の種類や内容、打つときの注意点



お通夜や告別式にやむを得ない事情で参列できない場合に、喪主や親戚の方に弔意を表す電報が「弔電」ですが、打ち方にもいくつか種類があるようです。
電話で打つ場合は、電報を受け付ける時間が決まっているみたいなので、確認をして電話をされると良いでしょう。
例をあげてみますと、料金は、打つ文字数や台紙の種類で違います。
一般的には、だいたい1000円~3000円ほどですが、お線香付きのプリザーブドフラワー電報、刺しゅう、押し花電報などもあり、10000円を超える高額な電報もあります。
打ち方としては、自分の言葉で打つ場合と、用意されている文例を利用できます。
注意点としては、先方の住所や名前をくれぐれも間違えないようにしなくてはいけません。
最近は、斎場や式場で葬儀をすることが多いようです。
また、文字がカタカナのみでないこともあるので気をつけたいですね。
他には、自分で手書きした文章をファックスで送る方法です。
文字数は関係なしでリーズナブルなお値段です。
例文集もありますので、利用されるといいでしょう。
他にもありますので、ご自分の送りたい方法を選んでみてください。
お悔やみの言葉ですので、相手の方の身になって送りたいですね。

次の記事へ

カテゴリー