弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を贈る方法は様々です

弔電を贈る方法は様々です

弔電を贈りたい、お世話になっていた方が亡くなられて、気持ちを表したいけれど、どうやったらという方、いらっしゃるのではないでしょうか。
電報サービスは、インターネットからもお申込みいただくことができます。
やむを得ず、葬儀や告別式に参列できない方は、インターネットから、二四時間受け付けをしています。
格安で、電報を贈ることができますので、気持ちを届けられたい方にピッタリです。
最近は、何でもインターネットなのですが、お花付きのもの、それから、お線香付きのタイプなど様々です。
インターネットからなら、お仕事などでお忙しい方にピッタリのものが少なく有りません。
お悔やみの気持ちを伝えるのに、電報などを利用されてみると良い方法なのかもしれません。
高品質の電報を選ぶのには、インターネットを活用されると便利です。
冠婚葬祭にも、オンラインを活用することができます。



弔電に対するお礼状を出す



弔電を貰ったらお礼状を出すのがマナーです。
多忙な中でも弔電を送って貰ったお礼と故人や遺族がお世話になった事の感謝の気持ちを表す言葉を入れます。
途中で近況報告を入れたりするのも良いです。
あくまでも礼状は略式で書くのが普通です。
会ってお礼を言うべき所を書面でのお礼になったという意味が伝わるような文章にする事が大切です。
そして最後に名前を書くのですが喪主の名前を書いた後、その下に遺族、親族一同という風に書きます。
もし社葬の場合にはまず葬儀委員長が差出人になります。
葬儀委員長の名前の後に喪主名と親族一同とつけます。
お礼状を出すのがマナーではありますが、最近の葬儀では礼状の代わりに香典返しにつける文章をそのまま送る事もあるようです。
文言に迷った時はインターネットで検索したり、香典返しの文章を参考にすればいいです。



弔電の依頼は電話にて行います



身近な人が亡くなったり、会社や学校関係の方が亡くなった場合に弔電の依頼を受けることがあります。
インターネットの受付サイトなどがありますが基本的に電報を出す際には電話から電報の作成と配達のお願いを致します。
電話局にはこれらの担当部署がありきちんと対応してくれます。
これらの文書の内容や文面はあらかじめ定型分が用意されています。
電話窓口のオペレーターにどの定型分を使用するかを伝え弔電を送る相手、喪主、葬儀会場などを連絡すればあとは電報会社と連携して作成から発送まで行ってくれます。
これらの電報を作成して送ってもらう費用は電話料金と同じように引き落としをされます。
わざわざ入金処理などを行わなくて良いのでとても便利です。
弔電にも様々な種類がありそれぞれ値段が変わってきます。
オペレーターがどのタイプを使うのか聞いてくるのであらかじめ選んでおくとスムーズに依頼が行えます。

次の記事へ

カテゴリー