弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送ることで想いを伝える

弔電を送ることで想いを伝える

都合により、通夜や葬儀に出席することが難しい場合などには、弔電を送ることでお悔やみの気持ちを伝えることができます。
電話や、ネットから申し込むことができ、迅速に届けることができます。
どこからでも申し込むことができます。
近年では、ベーシックな物だけでなく、様々な台紙があり、価格も様々です。
選択肢も広がっています。
線香をセットにしたものや、プリザーブドフラワーをセットにしたもの、押し花や刺繍の電報などもあります。
弔電を送ることで、故人への感謝の気持ちを伝えたり、遺族への励ましの言葉も添えて元気づけることもできます。
文例もあり、その中から選ぶことができるので安心です。
電報は、冠婚葬祭、どの場面でも自分の想いを伝えることができる最適な手段の一つです。
その良さはいつの時代にも変わらず、受け継がれています。



遠くからでも弔電を送ってみましょう

親しい人や親戚が旅立ってしまうとすぐに駆けつけてあげたいところですが、遠方で仕事や生活をしていると、なかなか現地へすぐ駆けつけることができないです。
まだ駆けつけることができる場合でしたら良いですが、様々な事情でどうしても駆けつけることができない場合は弔電を託しておいたほうが自分の気持ちを伝えることができます。
弔電に関してはインターネットで即日配送をしてくれるサービス業者がありますので、連絡を受けた時点ですぐに打つことができる便利なサービスです。
駆けつけることはできないけれども、感謝の気持ちを表している言葉を書いているだけで十分伝えることができます。
大人の世界ではこうした冠婚葬祭におけるマナーがうるさく言われておりますが、すぐに駆けつけることができない、出席することができない場合は弔電を打つだけでも充分です。



弔電を打つときには確認が

弔電を打つときには確認をしておくことがあります。
もちろん1番は誰が亡くなったのか、それは喪主とか知り合いの人との関係はどのようなものなのか、万一故人が父親だったのに、文章でご母堂様の、などということになると、失礼にあたるなどでは収まらない場合があります。
そして、通夜、告別式の日程、そして、式が行われる場所の住所などが必要になります。
弔電を届けるのはできれば通夜の場所に届けておくことが良いです。
告別式当日に届けた場合、出棺が早い葬儀の場合にはせっかくの気持ちを込めた電報が台無しになってしまいます。
届けられた弔電の名前の確認や告別式の時に読み上げる順番などのこともありますので、通夜の日のお届けがおすすめになります。
その時にはお悔やみにふさわしい台紙がありますので、それを付けてお届けするのが一般的です。

次の記事へ

カテゴリー