弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送るということ

弔電を送るということ

不幸があった場合、すぐに駆けつけたいけどそれが出来ないこともあるでしょう。
お世話になっている人の身内が逝去をした場合には、出来るだけお悔やみの気持ちを伝えることが大事です。
弔電を送るということも大事です。
今はメールである程度気持ちを伝えることもできますが、電報という形で送ったほうが気持ちをしっかりと伝えることができます。
昔は電話で申し込みをしていたので、文章のひな型も決まっていました。
しかし今はインターネットでも申込をすることが出来るので、実際に送られる台紙もチェックをすることができます。
文章も決まったひな型に沿ったものではなく、自分で自由に作成をすることが出来るので便利です。
メリットも大きいですし、インターネットでの申し込みであればコストを抑えることも可能となり、利用も行いやすくなります。



弔電についての基礎知識



弔電(ちょうでん)は、お通夜や告別式にやむおえず参加できないときに送る電報のことです。
送り主は、故人の親族や、友人・知人、そして遺族の友人・知人などになります。
送るタイミングは、できるだけ早いほうが望ましく、基本的にはお通夜の日か、遅くても告別式が始まる1時間前までには手配する必要があります。
送り先は、斎場やお寺、そして故人の自宅など、実際に葬儀が行われる場所になります。
宛名は、一般的には喪主名(葬儀を取り仕切る遺族の代表)にしますが、喪主名が分からない場合は、故人の名前の後に「ご遺族様」や「ご一同様」と付けて出しても問題ありません。
弔電の申し込みについては、115番に掛けるという電話からの申し込みのほか、インターネットからの申し込みも可能です。
料金については、文字数や台紙の種類によって変わりますが、1000円~3000円程度が一般的だと言われています。



弔電を送る時には先方の宗派に注意



訃報を受け取った人が告別式までに弔問に行けない場合に、弔意を伝えるために打つ電報が弔電です。
弔電を送る際にも、冠婚葬祭のマナーがあります。
まず、手配のタイミングです。
弔問に行けない代わりに電報を送るものなので、告別式までに間に合うように送ります。
送り先は式場あるいは自宅の葬儀を執り行う場所に、施主の名前を宛名にするのが基本です。
ただし、故人の名前しかわからないという場合には故人宛てでも配達できます。
また、タイミングと送り先と同様に注意しなくてはならないポイントがあります。
それは、相手の宗派と弔電の内容です。
例えばご冥福という言葉は仏教の考え方に基づいたものなので、仏教以外の宗派で施行をする場合には適切ではないと言えます。
電報会社の定型文などの中には宗派によって使い分けられたものもあり、参考になります。

次の記事へ

カテゴリー