弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送るメリットを知っておきたい。

弔電を送るメリットを知っておきたい。

お世話になった人の葬儀には、なるべく参列したいものですが、距離や時間の制限があるため、すぐに駆けつけるのが難しい場合があります。
現代は電子メールが普及していますが、お通夜や葬儀などの冠婚葬祭では、弔電を送ることができるので、追悼の気持ちを伝えることができます。
弔電のメリットは電子メールとは違って、形として残るので、時間が経過してからでも読んでもらうことができます。
やむおえず葬儀に参列できない場合は、献花の代わりになる高級感のある台紙を使用した商品や、プリザーブドフラワーなどが付いている商品を選ぶと良いでしょう。
弔電の良い所は、注文したその日に届けてもらえるので、忙しい人には大変利便性が高くなっています。
インターネットのお店を利用すると、24時間いつでも注文ができるので、幅広い年代の人が利用しています。



弔電を頼む理由について



実際、冬で亡くなる人が多いです。
確かに納得する理由が沢山、あるようです。
でも、季節なんて人が亡くなるのに何の関係もないです。
いつ、どんな理由であっても身近な人が亡くなるのはとても悲しいことです。
問題なのは親しい人が亡くなった場合、葬式に行けなかったらどうするかです。
ここで、出てくるのが弔電です。
最近ではお悔やみの電報と一緒に線香とか花とかを送るのが主流になってきました。
内容によって相手にも気遣いをよせることが出来るわけです。
そもそも、電報はそんなに高いモノではありません。
ただ、線香とか花の分だけ費用がかかります。
費用がかかるけど、ただ、電報だけを送るのと違って相手の心証はよくなります。
とにかく、弔電は心のこもったモノが一番です。
それに花と言っても生花ではなくプリザーブドフラワーです。
なので、長く墓前に飾ることができます。



弔電を打って弔意を示しましょう



遠方にいたり、仕事の都合で通夜や葬儀のいずれにも参列できない場合はどうすればいいのでしょうか。
香典にお悔やみの手紙を添えて送ると言う方法がありますが、まずは弔電を打って弔意を示しましょう。
かつて、弔電は故人の自宅に送るのが常識でした。
昔は葬儀を自宅で行うことが普通だったからです。
しかし、住宅事情が様変わりしたこともあり、自宅で葬儀を行わないことの方が多くなっています。
なので、自宅ではなく、葬儀場や告別式の会場に送ることが非常に多くなりました。
葬儀場や告別式の会場宛に送る場合は、前日までに届くように手配しましょう。
どれだけ遅くなっても、式の3時間くらい前には届けるようにしないといけません。
差出人はフルネームを記載するのは当たり前ですが、氏名の前に職場名や町名なども忘れずに記載するようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー