弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送る時のアドバイス

弔電を送る時のアドバイス

訃報は突然入ってくるため、こちらの都合でやむおえず、お通夜や告別式に参列ができない時もあります。
そんな時は弔電を送って、追悼の気持ちを伝えるようにして下さい。
午前中に電話で申し込んでおくと、午後には届けてもらえますが、急いでいる場合はインターネットを利用して申し込むと便利です。
会社関係などの場合は、多くの人の目に触れることが多いため、一般的は定例文の文面を選んでおくと、失礼に当たることはないので安心です。
故人を悼み、遺族に配慮した文面を選ぶようにすると良いでしょう。
専門業者では紺や藍色などの落ち着いた色合いの商品が揃っていますし、故人の好きな花を注文したり、お線香など添えることができる商品もあります。
開式の2時間から3時間前ぐらいには届くように配慮をして下さい。
台紙も上質な商品を選ぶと良いでしょう。



弔電を届ける際の注意点



葬儀の当日にどうしても外せない用事がある場合や遠方の為に駆けつける事が出来ない時、弔意を届ける方法としてお悔やみ電報である弔電を送る方法があります。
日常的に行なう事ではないので、事前にしっかりマナーを覚えて届けるようにしておきましょう。
宛先は喪主宛に届けるのが一般的です。
どなたが喪主として務めているのかを確認しておきましょう。
葬儀の準備で忙しくしているご遺族に手間をかけさせたくないと思ったら、葬儀社に確認するのも良いでしょう。
送り先ですが、昔までは自宅に送るのが通例とされていましたが、近年では葬儀場などで通夜、葬儀と続けて行なう事が多くなってきました。
その為にずっと葬儀場にいるケースがあるのでそちらに送ると間違いないでしょう。
弔電の文面は重ね言葉や九、四といった音が不吉とされる言葉は控えておきましょう。



葬儀に参列出来ない時は時には弔電を送る



訃報と言うものは、大体が事前に知りえるものではありません。
突然の知らせに悲しくなり、いたたまれなくなります。
故人に対して最後に会いたいという気持ちもありながら、どうしても通夜や葬儀に参列出来ないことがあります。
そういう場合は、故人のご家族に対してお悔やみの言葉を弔電で送ります。
個人的に送る場合や、会社や知人友人の連名で送る場合などのケースがあります。
いずれにしても、まずは弔電を打ってくれる企業に連絡を取ります。
今は、文面や台紙などを、故人の人柄や宗教なども考慮して選べるようになっています。
簡単な電報のイメージではなくなってきています。
また、人だけではなく、ペットの葬儀が行われるケースもあるようで、そのペット用の弔電と言うものも出来ています。
遺族に送りたいメッセージも、使用してはいけない言葉などありますので、マナーとして記載されています。

次の記事へ

カテゴリー