弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電を送る際の注意点。

弔電を送る際の注意点。

突然の訃報を受けたけど、お通夜・葬儀・告別式のいずれにも参列できない場合、弔電で故人への想い、ご遺族へのお悔やみの気持ちを伝えます。
まず訃報を受けたら、通夜・葬儀の時間・場所、喪主の名前、故人の名前、宗教を確認します。
弔電はお通夜、葬儀・告別式、いずれに送っても構いません。
受取人は喪主の名前で手配します。
送り主名は、故人との関係が喪主にわかるようにしておきます。
あまり早く送ると親族不在で受取ができず、失礼にあたることがありますが、遅くとも式の前までには届くように送るのがマナーです。
そして本文には、故人や遺族に失礼にあたらぬよう、忌み言葉、言い回し、宗教的には不適切な言葉などに気をつけることが必要です。
今はインターネットで弔電が送れますので、そちらのサイト内にある文例集などを参考に選べば簡単です。



お悔やみの気持ちを伝える弔電



弔電は、お通夜や告別式に参加ができない場合に弔意を伝える電報です。
基本的には、喪主に宛てて送ります。
訃報は突然入ってくるため、大半は数日中以内に届くように急いで手配をしなければなりません。
インターネット、電話等で手続きは可能ですが、電話は受付時間が限られていますので注意しましょう。
当日配達可能時刻が決まっているので、当日に配達を間に合わせたい場合は時間を確認し、早急に手配しましょう。
地域や風習にもよりますが、近年では自宅で葬儀をしないことが多くなっています。
お通夜、葬儀が行われる斎場を事前に調べておき、そちらに届くようにしましょう。
弔電は厳粛な場で読まれるものなので、文面も失礼のないように言葉も選び、その場に相応しいかしこまった内容にしましょう。
参考文例も多く用意されているので参考にするのも良いでしょう。



弔電は、電話から送ることができる



弔電を送る場合、NTTに電話をすればいいです。
電話番号は、115になります。
115に電話をかけたら、オペレーターの人が対応してくれます。
まずは、自分の電話番号と、名前を伝えます。
そして、弔電を送る先の住所と名前を伝えます。
そのあと台紙を選んで、文章を伝えます。
電話だと、声がこもってしまい、聞き取りにくいので、ゆっくり伝えるようにしましょう。
オペレーターが文章や、宛先を復唱するので、間違えがないか確認をしましょう。
しかし、電話だと、朝の8時から、夜の10時までしか対応していないので、その時間に電話ができない人は、インターネットを利用する人もいます。
最近はインターネットを利用する人が増えてきています。
24時間受付をしており、口頭でオペレーターに伝えるよりも間違えがないので、便利です。
支払いはクレジット決済が出来ます。

次の記事へ

カテゴリー