弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 弔電住所などもあらかじめ準備しておく

弔電住所などもあらかじめ準備しておく

弔電をうつ場合は、あらかじめきちんと決めてから頼んだ方がいいでしょう。
例えば台紙などはネットから前もって決めておくこともできます。
また文面もお願いする場合はどういったものにするか内容もチェックしておく必要があるでしょう。
またその他にもどこに弔電をおくってもらうのか、住所などもふくめて準備しておく必要があります。
相手の家という場合もありますが、今は葬祭会館などに行ってしまう場合もあります。
相手のスケジュールなども関係してくるのですが、受け取ってもらえるところに送らなければ意味がありません。
会館の場合は住所もしっかりとメモっておきましょう。
もちろん相手の名前もです。
また書体なども聞かれますが、オペレーターの人に聞けばだいたいどういう風にすればいいか教えてもらえます。
こういったことはそう頻繁にはないことだと思うのでプロの意見を参考にするといいでしょう。



電話で弔電を送る場合の注意事項



自分にとって近しい人物が亡くなった時、お通夜や告別式に出席をするのはごく当然のことであると言えます。
しかしながら、仕事の都合等でどうしても出席することが出来ない場合も考えられます。
そのような時には弔電を送ることにより、喪主や親戚の方に対して弔意を表しましょう。
NTTの115番に電話をするだけで、簡単に手続きをすることが出来ます。
しかしながら、電話で申し込みをするにあたり、いくつかの注意事項があります。
まず、受付時間です。
午前8時から午後10時の間に限定されているので気をつけましょう。
また、送り先の住所と名前は必須なので、事前に必ず調べておきましょう。
葬儀の会場が故人の自宅ではない場合は斎場が送り先となります。
これらに注意をしておけば、あとは電話先のオペレーターの言う通りの手順に従って手続きを行えば大丈夫です。
社会人としてのマナーの一環として、以上の流れを頭に入れておくと良いでしょう。



弔電についてお話しします



弔電とは結婚式やお祝いの式・葬儀・様々な式などに送る電報です。
出席したいが、どうしても事情があって、また地方に住んでいて出席することができなくなってしまった方などが気持ちやメッセージを伝える為に利用されることがあります。
式の中で読み上げられたりすることもありますし、手紙とはまた違ったものになります。
また、最近ではぬいぐるみやお花などと一緒に送ることができる弔電などもでてきているので、送る相手との関係性によっては色んな種類から選んで送ることができるので、相手が喜びそうな物を選択することができます。
送り方も簡単で、電話で注文することもできますし、会場などがわかっていれば、その会場まで直接配送してくれるので、とても便利です。
金額も様々で、自分の予算にあったものを送ることができるので、安心してご利用して頂けます。

次の記事へ

カテゴリー