弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 急ぎの弔電を送る時に便利なサイト

急ぎの弔電を送る時に便利なサイト

貴方が大事な会議中や出張中の時であろうが、バケーションで海外にいる時であろうが、訃報というのは予期せぬ時に突然やってきます。
こういった場合、都合が悪くてすぐに御通夜に駆けつけられない場合に日本の冠婚葬祭の慣習として、弔電を打つ事が今でも行われています。
普段滅多に送る事がない電報の種類なだけに、この知識については多くのかたが余り知らないといっても過言ではありません。
しかし実際には多くのルールが存在します。
使ってはいけない忌み言葉や漢字もあります。
これらをうっかり使用してしまうことは故人とご遺族に大変失礼に当たりますから注意が必要です。
そんな失敗をしないでも済むように、弔電はいつでもすぐに送れるように、URLやアプリ、電話番号をしっかりスマートフォンにインプットしておきましょう。
例文や美しい台紙など色々なオプションがありますから、貴方だけのオリジナリティのある心からの言葉を弔電に偲ばせるようにいたしましょう。



お悔みに送る弔電の出し方



お悔みごとは、突然に訪れます。
故人とのお別れを直接できればいいのですが、遠方であったり予定であったりとお通夜やお葬式の場に駆けつけることが出来ない場合もあります。
そういったときにお悔みの気持ちを電報お伝えするこができるのが弔電です。
送る方法は、電話で申し込む方法とWEBで申し込む方法があります。
電話の場合は、オペレーターと相談しながら作業を進めていくことができます。
最近では、マナーについてや電報の文章、台紙の値段の相場などWEBで簡単に調べることができます。
しかし、弔電を送ることはあまり経験することが少なく一人で決めて送るには心配だったりします。
心配毎ばかりに気を取られていては、気持ちを伝えるための電報が送ることが目的になってしまい気持ちを込められない結果になる場合もあります。
その点、心配毎は全てオペレーターの方が相談に乗ってくれるので弔電の文章に気持ちを十分込める余裕ができます。
WEBの場合は、登録画面より必要事項を入力していくことで作業を進めていくことができます。
24時間受け付けておりサイトによってはお通夜やお葬式の3時間前まで受け付けてくれるところもあり、急なお悔みであったりお悔みを知ったのが直前だった場合にでも送ることができます。



弔電は結婚式のように事前準備が難しい



結婚式の案内が来るのは式のある1箇月以上前です。
返信を1箇月ぐらい前にしないといけないこともあるのでもっと早いかもしれません。
それから参加できるかどうかをチェックして調整をします。
どうしても行けない場合には電報などを使うことになります。
このときでもそれなりに準備期間があるので困りません。
1箇月ぐらい前から送ることができるところもあるのでゆっくり準備が出来ます。
弔電となると事前準備は基本的には出来ません。
お通夜やお葬式はその人が亡くなって行われることです。
それを事前に知ることは難しくなります。
お通夜の時間などを知らされるのも当日のことがあります。
何とか行けるようにしますが行けない場合には電報を送るようにします。
お通夜や告別式が始まる1時間前ぐらいには到着するように送るようにします。
通常は知ったときにすぐに送るぐらいになるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー