弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 意外と知らない弔電の意味と送り方

意外と知らない弔電の意味と送り方

弔電とは死をいたみ悲しむ気持ちを記した電報の事です。
事情があり故人の葬儀に参列できない方が送ります。
人の死は突然の事ですから、弔電は諸事情から参列できない人の強い味方となってくれます。
また受け取った遺族も、この電報から参列できなかった方の悲しみを理解できることとなります。
また送った弔電は、葬儀で読み上げられることが普通です。
通常は一部だけを読み、全文を読むことは時間の関係から少ないです。
名前だけを読むという事もあります。
文章は定型文を送ることもありますが、自分で文章を考えたほうがより気持ちが伝わることは間違いないでしょう。
送り方は電話で送るパターンやインターネットから送るパターンもあります。
その時々によって都合の良い方法を選択しましょう。
いずれにしても、故人への気持ちが伝わることが最も重要です。



弔電は報せを受けたら早めに



会社関係などの仕事がらみで付き合いが直接的に無い場合でも、葬儀の報せが来ることはあります。
それが特に親しく付き合いが無い場合でも通知が来たりします。
全く人違いとか、連絡先となっている会社名が間違っているという時は別ですが、そうでない場合には連絡が来た時には、通夜、告別式の場所や時間が分かっているはずですので、なるべく早く弔電の手配をしておくことがおすすめです。
葬儀の日にちがまだ時間があると言って後回しにしたりしていると、それが仕事が忙しくなったりすると失念してしまう場合もあります。
弔電は相手先へ届けて貰う日の指定が出来ますので、報せを受けたら早速に電話なり、インターネットなりで申し込むことです。
仕事関係ではその1通が後の関係スムーズにしてくれることにもなります。
長い年月続いてきた優しい慣習です。



弔電を届けることでお別れの



亡くなったと報せを受けても、自分の体調が優れない時やあまりに遠方ということで葬儀に参列ができない場合があります。
その時に何はともあれ、自分の気持ちを代わりに伝えてくれるものは弔電になります。
親しかった親戚だとか友人の場合には葬儀の日取りなどが分からなくても自宅に直ぐに届けることができます。
その時にはメッセージも自分の心からの感謝やおもいでを込めて伝えることが遺族の人たちにも伝わることでしょう。
その時には弔電を届ける時に使われる台紙がいろいろなものがそろっているので、それを選ぶことも大切です。
そこからも自分の気持ちを亡くなった人や遺族の人に分かってもらえるはずです。
これまでのことを考えると亡くなったということを受け入れにくいとなりますが、弔電を送ることで実際には行けないとしてもお別れができます。

次の記事へ

カテゴリー