弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 時代とともに変わる弔電

時代とともに変わる弔電

弔電は不幸があった際に気持ちを伝える手段です。
通夜や告別式に参列をすることが出来ない場合には、送ったほうがよいです。
マナーもあるので、事前に確認をしておくとよいです。
また以前は電話で申し込みをすることが一般的でしたが、最近では専門のウェブサイトで申込みをすることが多くなっています。
電話の場合にはどのようなものを送るのか分からないということがありましたが、ウェブサイトを使った申込みの際には実際に送られるものがどのような弔電なのか、確認をすることができます。
台紙やメッセージもどういうものなのか、自分の目で確認をすることが出来るので、便利ですし、分かりやすいというメリットがあります。
またコストに関してもかなり安くなっているので、価格からどういうものを選択するのか考えることが出来る、というメリットもあります。



弔電でお悔やみの気持ちを伝えるには



どうしても葬儀に出席できない場合、お悔やみの気持ちを伝える方法として弔電があります。
ただし、親族や喪主にお悔やみの気持ちを伝えるのですから遅くても告別式までに間に合うように手配するのがマナーです。
電話で弔電を送る場合には、NTTの115番に電話をして依頼します。
受付時間は朝8時から夜10時までですので、時間に間に合うように手配し、事前にしっかりと文章をまとめておく事が大切です。
費用は台紙の種類や、文字数によって異なりますが、大体は1000円から3000円くらいが一般的です。
自分の予算や、関係性を考慮して相応の物を選ぶようにしましょう。
親しい方が亡くなってしまった時は悲しい気持ちでいっぱいかもしれませんが、弔電は死者に対して送る事の出来る最後のメッセージです。
心を込めてお悔やみの言葉をお送りしましょう。



インターネットで贈る弔電はメリットがたくさん



かつては弔電を打つと言えば、電話会社に電話をかけてお願いするのが一般的であり、それ以外の方法はほとんどなかったと記憶しています。
けれど、昨今はインターネットから申し込みができるようになっていますので、いつでも連絡を受けたら、すぐに手配をすることが可能になりました。
インターネットで弔電を申し込むことのメリットは、文面を自分で考えて専用フォームに入力できますので、伝えたいことを電話会社の人に話す照れくささがありません。
ひな型の文章では気持ちが伝えられないと感じるとき、そのおもいの丈をしっかり伝える文章が書けるところがなんといっても魅力です。
また、口頭で伝えるのではなく文字にして申し込めますので、受付完了のメールが届いたらしっかり確認できるところも安心です。
何かとメリットが多いのが、インターネットの弔電と言えそうです。

次の記事へ

カテゴリー