弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 横浜で家族葬を行おう

横浜で家族葬を行おう

関東地方南部に位置する横浜。
そんな横浜には多くの人が集まり、活気あふれる街になっています。
そんな横浜で葬儀をする場合家族葬を望む人も多くなっています。
これまで葬儀は出来るだけ豪華にという考えを持っていた人も多くいますが、近年本当に親しい人達だけで葬儀をする家族葬が大変注目を浴びています。
近親者だけで葬儀をする事で家族でお別れする時間をゆっくりと過ごす事が出来ます。
一般的な葬儀をする場合、多くの弔問客の相手をしなければいけないので、なかなか故人と一緒にいる時間をとる事が出来ません。
そんな時、家族だけでゆっくりと故人を偲ぶ事が出来る家族葬は大変良いものではないでしょうか。
やはり弔問客の相手をするだけでも色々気を使わなければいけないのでさらに疲れが溜まってしまいます。
そんな煩わしさを回避する為にもとても良いものでしょう。



横浜でも可能な近親者だけで行う家族葬

人が亡くなるというのは大変な出来事です。
特に家族や親しい人との別れというものは、深い悲しみと痛みをもたらします。
そのため、大切な人に別れを告げ、新しい日々を始めるために、葬儀という儀式は生まれたとされています。
人が亡くなるということは、その人の遺体の処理や、社会におけるその人の関係の整理、宗教的な儀式を行わなくてはいけないということでもあります。
都市部では、この葬儀の形として家族葬を選ぶ人たちが増加しています。
横浜でもそれは例外ではありません。
家族葬とは、近親者だけで執り行う葬儀のことです。
かつては密葬という表現をされていました。
しかし、密葬という言葉には、暗いイメージがつきまとうので、新しい呼び名として家族葬という言葉になりました。
これは、簡素だと思われていますが、簡素でありながら、近親者だけで心を込めた葬儀をしたいという目的のもと需要が高まってきています。



横浜でもお別れの会をする場合もある家族葬

家族葬という葬儀の形は最近生まれました。
これは、文字通り家族だけで行う葬儀ではありません。
親戚やごく親しい関係にあった友人や知人などが参列することもあり、大体平均としては30人程度で執り行われる葬儀のことをいいます。
形態ばかりが重視される従来の葬儀よりも、故人と親しかった人たちだけでお別れをすることができるという印象を持たれています。
この家族葬は、横浜を含めた首都圏で特に需要が高まってきている傾向にあります。
都市部ではない地域では、この形態は認知度が低く、一般の参列者を断るという点で周囲の理解を得られないこともあるようです。
しかし、横浜などでは浸透してきているので、家族葬という小さいながらも心を込めた葬儀を選択する人が多くいます。
この場合、葬儀が終わったあと、近親者以外のお世話になった方などを招きお別れの会を開くこともあるようです。

次の記事へ

カテゴリー