弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 現在も多く使われている弔電について

現在も多く使われている弔電について

想定外の連絡を頂く事が多く見られるのが、お悔やみ事といえます。
親せきだったり、あるいは知り合いに不幸があったケースです。
短い距離であれば、当たり前の事ながら、お通夜もしくは告別式などに対してもと考えるのですが、遠く距離があるような状況があるなら、どうしても行くことは不可能です。
年を重ねれば重ねるだけ、厳しくなる状況であるといえます。
その様な場合になると、電報がいまだに、大差なくユーザビリティの高い方法の一種として、活用される方もある程度いるのではないかと思われます。
お悔やみ事のケースに打つのが弔電と言われている電報ということです。
祝福に活用される電報とは異なり言うまでも無く、文もあまりなく、電報そのものの絵柄についても、もちろん飾り気の無いものになります。
いきなりの訃報に茫然自失になるような中身が多くを占めています。



弔電の場合の礼儀作法について



大切な方が亡くなられたり知人の不幸がありました際に葬儀に参列がすることが困難な事もあります。
不幸は突然生じスケジュールの調整がし難い事もあります。
と言いつつお悔やみの想いをお伝えしたいと思った時に送信するのが弔電となります。
お電話にて間髪をいれず申し込みが実行できるので、お知らせがあってからいち早く申請することにより間に合います。
しかしながら弔電は送信する局面で礼儀作法があります。
まず第一に送信する時ですが、できる範囲で一刻も早く葬儀の前の日には送信することを意識しましょう。
それから送り先の宛名は喪主のお名前で届けるようにすることになります。
喪主の氏名が認識できてない時には故人の氏名を利用し、ご遺族様宛という形で届けることに注意しましょう。
それなりの例文は申込の時に選定すれば問題ないのですがご自身で文を考察する場合には活用してはならない文章もあります。
ダイレクトに忌み言葉もしくは死に等しいような言葉は使ってはいけません。
また、不幸が重なり合うような言葉を利用するのも向いていません。



弔電についての留意点



冠婚葬祭の時に弔電を打つときの重要なポイントとして、どういったことがあるのかといいますと、まず第一に、弔電を打つということは、葬儀に参列が不可能な場合であったり、時間がないというようなケース、そして遠方が災いしたときなどが多いと考えられます。
そうであっても、お悔やみの心情を伝達するために打つのが通例です。
あらためていうまでもなく、どのような人が亡くなられたのかを把握しておきましょう。
お父様、お母様、又ご家族のどういった方になるのかを認識しておくことが必要不可欠になります。
加えて、葬儀の場についてや、時刻などについて、打つタイミングで聞いておくことが必須です。
さらに、喪主にあたる方がどなたであるのかに関しても前もって、聞いておくことが必要です。
加えて、弔電のケースでは、いきなりのことが多いのでスピーディーに対応してもらえるところに申請をすべきです。

次の記事へ

カテゴリー