弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 自分の言葉をきちんと伝えたい弔電

自分の言葉をきちんと伝えたい弔電

突然の訃報を聞いてその時にすぐに弔問に行くことができない場合もあるかもしれません。

そして、お通夜や告別式の日程が決まっても、どうしても都合かつかないということもあるでしょう。

直接会っておすぐに悔やみを伝えれられない時には、お悔やみの電報である弔電を送ることで気持ちを伝えることができます。

最近はインターネットから24時間いつでも申し込むことができます。

申し込む時間によっては当日配達してもらうことができるようです。

また、お線香やお花なども贈れる弔電もあり、台紙の種類も押し花電報や刺繍電報などいろいろ選ぶことができます。

電文に悩むこともあるかもしれませんが、申し込みのサイト内には例文の掲載もあるので安心です。

しかし、例文は参考にする程度にとどめることが必要です。

お悔やみはきちんと自分の言葉を使うようにすれば気持ちは充分に伝わるでしょう。




弔電で絶対に使ってはいけない言葉

弔電とはお葬式や告別式に参列できない場合に打つ電報のことです。

残されたご家族の気持ちを考えて絶対に失礼のないようにしましょう。

弔電では死を直接的に表現するような言葉や、不吉な意味を連想させる忌み言葉は使ってはいけません。

「死ぬ」ということを表現するのなら「訃報」・「他界」などの表現を用いるようにします。

また「重ね重ね」や「再三」のような重ね言葉は不幸が重なることを連想させるので使用しないのがマナーです。

そして「苦しむ」「浮かばれない」など故人の不幸を思わせる言葉も使用してはいけません。

もう一つ気を付けなければいけないこと、それは故人の宗教です。

キリスト教の場合、使用できる言葉が異なり「あの世」「冥福」「成仏」などの言葉は使わず「安らかにお眠りください」「哀悼の意を表します」という表現にします。

弔電はお葬式で読み上げられることもありますし、なによりご家族がそれを目にします。

マナーをしっかり心からのお悔やみを伝えましょう。




弔電はなるべく早急にそして正確に

訃報というものは突然にやってきます。

場合によってはすぐにお通夜やお葬式に伺えない事もあるでしょう。

この場合に参列に成り代わって哀悼の意をいち早く伝えてくれるのが弔電です。

素早くお悔やみの言葉を文字にしてお通夜、或いは葬儀の会場に届けてくれます。

更に昔とは違い、現代のものは台紙も可也綺麗で凝ったデザインのものがありますから故人との関係によって、見映えのよい高級感のある物を選ぶ事ができます。

弔電で悩むのがどんな文章にしたらよいか、という事と、葬儀ならではの特別な言い回しや忌み言葉があるという点ですが、これは電報の文例一覧などを参照すると定型文などがでていますから、それを参考にされるとよいでしょう。

更に注意するポイントは宛名の正確性です。

宛名は喪主の方宛にしますが、喪主と直接面識がない場合などはご遺族の中の知っている人宛にして、xx様気付喪主宛にするのが弔電の際の正しい宛名方法です。

次の記事へ

カテゴリー