弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 葬儀に出席できないときには弔電の利用を

葬儀に出席できないときには弔電の利用を

大切な友人やその家族、職場でお世話になった方などのお葬式やお通夜などの席には、ぜひ参列したいですよね。
お悔やみの気持ちを家族の方々に伝えるためにも、可能な限り参列するべきでしょう。
しかし、自分が住んでいる地域からすごく遠くで葬儀が行われたり、仕事や私用などの都合でどうしても参列できない場合には、お悔やみの気持ちを伝えるために「弔電」をおくりましょう。
弔電は、葬儀の場所と時間が分かれば、当日でも間に合います。
お悔やみのメッセージのみのタイプから、お線香などとセットになったものもあります。
電報のメッセージは、例文が用意されているのでそちらを用いても良いですし、自分で一からお悔やみの言葉を考えるのも良いでしょう。
亡くなった方への気持ちと共に、残されたご家族の方への言葉も慎重に選んで添えることが大切です。



弔電を送るときの文章のポイント



弔電を送るとき例文や定型文があっても一番悩むのが、どのような文章にすればよいかです。
文章を考えるときのポイントは、電報を送る相手が誰であるかを明確にすることです。
気持ちを伝える手紙を電報という形で送るので、手紙を書くのと同じように誰かを明確にすることが大事なことになります。
相手が決まれば、参考にしたい例文や定型文も決まってくるので随分と文章にしやすくなります。
送る相手が故人の場合は、本人との想い出を偲びお別れを述べる文章が大筋となります。
また、故人の家族や親戚に対しての場合は、故人が亡くなったことへのお悔みの気持ちや気遣いの気持ちが文章の大筋となります。
もちろん、前半で故人への文章にし、後半に家族への文章という形の文章にすることもできます。
送った電報は、葬儀中などに読み上げられることもあるため、ある程度簡潔さも求められるかもしれませんが、気持ちを込めた内容が文章にされていることが一番大事です。



お祝いよりお悔やみの弔電を送る機会が多い



お祝いのメッセージを送るときは基本的にはその事実があった直後などに送ります。
場合によっては直前に送っておき直後に届くようにすることもあります。
しかし必ずしも直後に限るわけではありません。
多少遅れたとしてもそのことを伝えることが出来ます。
しかしお悔やみのメッセージとなるとあまり後れて出すわけにはいきません。
その事実があってすぐに出すようにする必要があります。
電報を遣うときにお祝いで送るか、お悔やみで送るかがあります。
それぞれの人でその場面になる数にもよるでしょうが、割合としてはお悔やみの弔電を送る方が多くなるかもしれません。
結婚や出産などは実際に出席をしたり、それ以外に後でいくらでも伝えることができるからです。
しかしお悔やみは直後の一時期しかできません。
それも告別式に出られないときで、出られないケースはそれなりにあるからです。

次の記事へ

カテゴリー