弔電サイト比較 - おすすめサイトランキング

ホーム > コラム > 通夜や告別式に参列できない場合には弔電を送る

通夜や告別式に参列できない場合には弔電を送る

通夜や告別式に事情があって参列できない時に喪主や親戚に対して送る弔電ですが、告別式には間に合う様に手配する事がベストなタイミングです。
弔電を打つ際には、あらかじめ文章を考えておきます。
文例を参考に一部言葉を替えても可能です。
送り先の住所や名前を手配前に調べておきますが、最近では、自宅ではなく斎場や式場で行われる事が多いので、通夜や葬儀が行われる場所は確認しておきます。
手配に入りますが、オペレーターに自分の電話番号と名前、送り先の住所と名前を伝え、台紙を選びます。
電報に記載してもらう文章をオペレーターに伝えますが、文例をそのまま利用する場合には文例番号を伝える事も可能です。
送り主の名前や会社名や役職を入れる場合にも伝えます。
伝え終わるとオペレーターが復唱してくれるので、自分が伝えた事と違っていないかを確認し、最後に文字数とそれに伴う料金を連絡をもらえます。



葬儀に参列できないときには弔電を



訃報の連絡を受けたらできるだけ葬儀や告別式に参列したいものですが、事情によってどうしてもできない場合もあります。
そんなときには、弔電でお悔みの気持ちを伝えましょう。
弔電は、個人宅や斎場など、葬儀や告別式が行われる場所に、開始時刻までに届くように手配します。
基本的に葬儀の責任者は喪主となりますので、喪主宛てに送ります。
ただし、社葬などのような企業や組織が主催する場合には、この限りではなく、弔電の受付について指定される場合があるので注意が必要です。
電報の内容を考えるときには、まずどんな状況だったかを把握することが大切です。
緊急なことだったのか、長い闘病の末だったのか、その状況によってメッセージは自ずと変わります。
しかし、どんな状況であったとしても、相手の事情に立ち入り過ぎるのは不快に感じられるので注意しましょう。



弔電を送る際はマナーに気を付けよう



知り合いのお通夜と告別式の両方に参列できないので弔電を送りたいという機会があるかと思われます。
その際にマナーに気をつける必要があります。
特に最近の若い方は知らないことが多いので、事前にしっかり確認するようにしてください。
基本的なマナーくらいは確認して送るようにしてください。
全くマナーを分からずに送ってしまえば、悪い印象を与えるだけでなく、遺族をさらに傷つけることになるので注意してください。
例を挙げると、弔電を送る日時や言葉遣いなどになります。
送る日時はできるだけ早めが望ましいですが最低でも告別式の前日までには届くようにしてください。
また、言葉遣いも重要な問題になります。
宗派によって使ってはいけない言葉があるので、それを確認して書くようにするべきです。
弔電を送る際はまず相手のことを考えることが大事です。

次の記事へ

カテゴリー